カーシェアリングの北米市場、2032年に25億米ドル到達予測

カーシェアリング市場は、カーシェアリングサービスの利用を促進する政府の取り組みに起因する大幅な成長を記録する見通しです。

政府のインセンティブは、料金の引き下げ、アクセシビリティの向上など、カーシェアリングの促進を支援しています。米国政府は、カーシェアリングの利用を促進するためにいくつかのインセンティブを実施しています。従業員にカーシェアリングサービスを提供する雇用主は、ワシントン州から税額控除と奨励金を受ける資格があり、また、従業員は毎年最大60米ドルの奨励金を受け取ることができます。こうした政府の好意的な取り組みは、2032年まで業界の成長を促進すると思われます。さらに、世界各国でインバウンドや国内旅行者数の伸びが顕著なため、旅行ツアーへの高品質で信頼性の高いサービスの需要が高まっており、ビジネスの成長にプラスの影響を与えています。

洗練された技術の急速な統合により、カーシェアリングサービスの普及に有利な可能性が生まれています。市場シェアを最大化するため、世界の自動車メーカーは、車両へのアクセスや予約といった技術的に高度なシステムを積極的に取り入れています。

Mobility-as-a-Serviceプラットフォームの導入を可能にするルートプランニング、効果的な決済インターフェースなどの機能強化は、2023年から2032年にかけての市場見通しに影響を与えることが考えられます。例えば、2023年2月、Mastercardはポルトガルのモビリティ・プラットフォームUbiriderと提携し、UbiriderのMobility-as-a-ServiceプラットフォームPickを活用することで交通サービスを改善しました。この提携は、交通事業者のデジタル決済と発券のための、より持続可能で効率的なソリューションの開発を意図しています。

世界のカーシェアリング産業は、用途、モデル、地域別に分類されます。

自家用車による二酸化炭素排出を最小限に抑えるため、共有モビリティ・サービスの採用が増加しており、プライベート・アプリケーション・セグメントのカーシェアリング市場は、2023年から2032年にかけてCAGR25%超を記録するとみられています。民間のカーシェアリング会社は、消費者が好みに応じて自動車を選択できるモビリティ・オンデマンド・サービスを提供すると同時に、利便性とオンタイムでの可用性を実現しています。このサービスにより、自動車のアイドリング時間が大幅に短縮され、スペースが確保されるため、プライベート・アプリケーションセグメントの開発が促進される可能性があります。

モデル別では、P2Pモデルによるカーシェアリング市場が2032年まで大きく牽引すると予測されます。同分野の成長の背景には、世界の主要都市における急速な都市化があります。P2Pカーシェアリングモデルは、駐車スペースが限られた地域での運営に適しているため、人気に拍車をかけています。このモデルでは、事業者は自社で車両を保有せず、 個人所有の自動車、トラック、その他の車両で構成されています。

地域別では、北米のカーシェアリング市場は2032年に25億米ドル超に達すると予測されています。地域政府による共有交通機関への支援がカーシェアリングの需要拡大を後押ししており、多くのサービスプロバイダーが同地域でのサービス拡大を図っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]