ドリルマシンの航空宇宙用途、2032年までCAGR4.5%超で成長予測

ドリルマシン市場は、2032年まで大幅な伸びを記録するものと思われます。ロータリーリグやドリルリグなどのドリルマシンは、潜在的な石油・ガス貯留層を発見・評価するための探査掘削に使用されます。これらのドリルマシンは、地質サンプルを採取し、地下の地層に関するデータを収集するために地殻を深く掘削します。また、坑井の清掃、スケールの除去、新しいゾーンの穿孔、生産設備や圧入設備の設置などの作業にも使用されます。石油・ガスセクターの明るい見通しがドリルマシン市場の成長に寄与しています。

ドリルマシン市場は、製品、用途、地域別に分類されます。

直立型ドリルマシン市場は、2032年には50億米ドルを超える規模になることが予測されます。直立型ドリルマシンは正確で高精度であるため、採用が進んでいます。直立型ドリルマシンには、固定された垂直コラムと安定した作業テーブルがあり、一貫した再現性のある穿孔結果が保証されます。 そのため、ダボ用の穴開け、正確なパターンの作成、一定の深さの実現など、精度の高さが必要な作業に最適です。

さらに、ハンドヘルド型やポータブル型に比べて安定性が高く、固定式コラムとベースが強固で頑丈な土台となり、穴あけ時の振動を最小限に抑えることが出来ます。この安定性により、穴あけ精度が向上し、特に大きな材料や硬い材料を扱う場合に、エラーや偏差のリスクが軽減されます。

用途別に、航空宇宙分野のドリルマシン市場は、2023年から2032年までCAGR4.5%超で成長すると思われます。ドリルマシンは、航空機構造、エンジン部品、主翼アセンブリなど、様々な航空宇宙部品に穴を開けるために使用されます。これらの穴は、これらの部品のリベット止め、締結、組み立てに不可欠です。これらの機械は、航空宇宙用途で要求される厳しい公差を満たし、正確な穴の配置、サイズ、深さを保証します。拡大する航空宇宙産業は、今後10年間でボール盤の採用を増加させることが予想されます。

地域別に、北米のドリルマシン市場が2032年までに市場シェアを拡大すると思われます。高速道路、橋梁、建物、公共施設の建設などインフラへの投資が増加し、地域のドリルマシン需要が高まっています。さらに、掘削技術の進歩も地域の成長に貢献しています。高度な制御システム、データ分析、リアルタイムモニタリング機能などの技術的躍進は、掘削効率、精度、安全性を向上させ、製品の取り込みを後押ししています。主要市場プレーヤーは、競争に打ち勝つために高度な機能を備えたドリルマシンの発売に注力しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]