2022年の流量計市場、熱式流量計がシェア5%を上回る

流量計市場は、再生可能エネルギー分野での利用が拡大していることから、2032年まで大きく成長すると予想されています。流量計は、圧力、温度、密度、粘度、蒸気圧を一度に測定するのに役立ち、毒性、気泡、研磨剤の存在、伝送品質などの安全条件の監視も可能で、将来的に採用に拍車がかかるものと予想されます。

食品・飲料、公益事業、化学、自動車、HVAC、石油、その他多くの産業において、日常的に流体流量計の使用が増加していることが、市場の成長を支えています。さらに、流体流量計は、発電、精製所、水処理プラントの液体流量を正確に調整するのに役立ちます。

流量計業界の主要企業は、市場における足場を強化するために、パートナーシップ、合併、買収、新規および先進的な製品の導入などの戦略的イニシアティブに取り組んでいます。例えば、2019年、EmersonはZediのソフトウェア事業とオートメーション事業の買収に成功しました。この新しいプラットフォームの追加により、Emersonは、クラウドベースの監視、制御、最適化を通じて、石油・ガス生産者の生産量増加と運用コスト削減を支援することができるようになります。

全体として、流量計市場は、製品、産業分野、地域別に分類されています。

製品別に、熱式流量計は、2022年に5%以上のシェアを占めました。同セグメントの成長は、産業プラントを建設するための低メンテナンス機器に対する要求によるものです。また、熱式流量計は、メンテナンスが容易で、温度や圧力の補正が不要であるなど、その利点から、今後数年間は建設活動での採用に拍車がかかるものと予想されます。

産業別に、半導体部門が2022年の市場シェア1%超を占めました。2032年までの盛況な市場拡大は、自動車産業やエレクトロニクス産業における半導体のアプリケーションの増加によるものと考えられます。また、マスフローコントローラー(MFC)は、チップ製造時に所望の構造を作り出すためにガス流を制御するために使用されます。

地域別に、欧州市場における製品の高い成長により、2032年までに欧州の流量計産業が20%以上の市場シェアを占めると予想されています。また、ABB社、Hydac Electronics社など、流量計製造業界をリードする大手企業の存在が、流量計の生産量を増加させています。さらに、コリオリ式、磁気式、超音波式の流量計に対する需要の高まりも、今後の市場成長を後押しすると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]