建設機械レンタル市場、北米地域は2022年に450億米ドル達成

建設機械レンタル市場は、2032年までポジティブな成長軌道を示すと予想されます。同市場の成長は、IoT、AI&ML、エレクトロモビリティなどの最新のスマートシティ技術をインフラに実装するための、建設機械の技術革新に対する需要の高まりによるものと考えられます。

また、中南米での鉱業や建設への取り組みの増加が、建設機械の採用を促進しています。この業界の組織は、クレーン、足場、クレーンローリー、作業プラットフォーム、グレーダー、ブルドーザー、掘削機などの建設機械をリースまたはレンタルして、建築活動を実施しています。また、ペルー、チリ、アルゼンチンでの鉱物消費量の増加により、同地域での採掘トラック、掘削機、ローダー、ドーザーの需要が高まると予想されます。

市場の主要プロバイダーは、業界での競争力を得るために、パートナーシップ、M&A、R&D投資、新製品発売などの戦略的イニシアティブに取り組んでいます。例えば、2023年1月、Al Faris Groupは、24 台の Liebherr 移動式クレーンを自社のフリートに追加してポートフォリオを拡張しました。その中には、吊り上げ能力500トンのLTM 1500-8.1、4台を含む、吊り上げ能力110トンから700トンまでの様々なモデルが含まれています。建設機械レンタル業界は、製品と地域別に分類されています。

製品別に、コンクリート機器が2023年~2032年までの間、CAGR5%を示すと予想されます。大容量の革新的なバッチングプラントへの嗜好の高まりは、コンクリート機器の需要を促進しています。建設業界におけるレンタルコンクリート機器の取り付け使用は、生産要件に起因して進化してきました。現代のコンクリート建設機械メーカーは、原材料の無駄や保管スペースをなくすために最先端の技術を使用しています。さらに、絶え間なく増加する建設プロジェクト、完了時間の短縮、およびカスタマイズされたソリューションに対するエンドユーザーのニーズは、同セグメントの成長を支援する重要な要因です。

地域別に、北米市場は、2022年に450億米ドルと評価されました。この地域の市場成長は、アメリカ経済における建設、採掘、農業活動の上昇に起因しています。カナダ政府によると、カナダの鉱物生産額は2021年に555億米ドルに達し、前年比20%の急増となっています。また、リフトアシスト、予防保全システム、360度カメラなどの機能を備えた建設機械を新規に購入するのは高額です。このため、北米を中心とした需要が高まっており、地域全体の見通しにプラスの影響を与えると推定されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]