人工呼吸器市場における侵襲的換気装置、2022年に全体の75%を占める

人工呼吸器市場は、2023年から2032年にかけて、慢性疾患の症例増加や人口の高齢化により、世界中で重症患者やICUのベッド数が増加しているため、大きな牽引力を得ると考えられています。

さらに、COVID-19の大流行から機械式人工呼吸器の需要が急増しており、今後10年間、市場の需要に影響を与え続けると思われます。例えば、COVID-19領域では、米国で機械式人工呼吸器の要件が増加し、医療システム、病院、管轄当局による機械式人工呼吸器の購入につながりました。

機械式人工呼吸器市場は、モード、製品、最終用途、アプリケーション、インターフェース、人工呼吸器のタイプ、および地域別に分類されます。

製品別に、ポータブル型人工呼吸器が2032年まで大きな成長を遂げる見込みです。ポータブル型人工呼吸器は、重症患者の搬送が容易で、高度な換気モードや高流量酸素療法などの高度な機能を備えているため、今後10年間に需要が増加すると考えられます。

インターフェイス別に、侵襲的換気装置が2022年にシェア75%以上を占めました。COVID-19患者の急性呼吸窮迫症候群の症例が増加していることが、このセグメントの需要を促進する主な要因となります。

アプリケーション別に、ホームケアアプリケーションセグメントが2023-2032年を通じてCAGR2%で成長するとされています。このセグメントの拡大は、病院を媒介とする感染症例の増加や、在宅ケア用途の人工呼吸器の製造に市場プレーヤーが注力するようになったことに起因します。WHOの報告によると、急性期病院に入院している患者100人のうち、約22人が医療関連感染症(HAI)に感染しており、そのうち10%の患者がHAIが原因で亡くなっていると言われています。

モード別に、複合型人工呼吸器分野が2032年までに顕著な成長を遂げると予想されています。複合型人工呼吸器は、一回換気量を最小限に維持しながら呼吸仕事量を確実に減らし、同時に量と圧力を制御できるため、個別ケアを必要とする患者への採用が進んでいます。

地域別に、2032年まで、アジア太平洋市場が堅調に成長すると予測されています。この地域の市場成長は、慢性呼吸器疾患の有病率を低減するための有益な政府の取り組み、医療支出の増加、老年人口の拡大からもたらされます。2010年から2019年の間に、APAC諸国における低・中所得者一人当たりの医療費が65%増加したと言われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]