がん診断市場:2022年の腫瘍バイオマーカー検査用途が275億米ドル超に

がん診断市場は、がんに対する意識の高まりと、より優れた革新的な治療法を提供するための医療費の増加により、2032年まで大きく成長すると予想されています。慢性疾患の増加、可処分所得の増加、感染症の流行が病理検査室の需要を高め、がん診断薬産業の展望にプラスの影響を及ぼしています。また、しこりの発生を初期段階で診断する必要性が高まっていることも、がん診断薬の需要に拍車をかけています。

がん診断薬市場は、アプリケーション、部位、最終用途、地域別に分類されます。

用途別に、腫瘍バイオマーカー検査分野が2022年に275億米ドル超と評価されました。バイオマーカーは、がん治療、医薬品開発、診断に幅広く応用されているため、今後数年間は製品需要に弾みがつくと予想されます。また、バイオマーカーは病気の各段階において極めて重要であり、検査の有効性と手頃な価格は、2023年から2032年にかけての市場成長曲線を刺激すると思われます。

部位別に、乳癌分野が2032年までの間、顕著な成長を記録すると思われます。不健康な生活習慣、肥満、出産の減少により、世界中で乳がんの症例が増加しており、今後数年間、同分野の成長を後押しすることが考えらえます。ちなみに、米国女性の2022年の浸潤性乳がんの新規症例数は28万7850件、非浸潤性乳がんの新規症例数は5万1400件と推定されています。

最終用途別に、診断ラボ部門が2023年から2032年にかけてCAGR9.5%以上で成長すると予想されます。病状の診断、正確な読み取り、医師の結論への支援、オンラインレポート、高度な機器、即時結果の提供などが、当分野の拡大を後押しする主要因となっています。

地域別に、アジア太平洋市場は、2023年から2032年にかけて大きく成長すると予想されています。同地域の市場成長は、タバコとアルコールの消費量が増加していることに起因しています。また、座りがちなライフスタイルや不健康な食習慣も、癌を引き起こす主な要因となっており、先進国においては診断サービスに対する需要が高まっています。信頼できるレポートによると、2020年、アジア太平洋地域のがん有病率は、世界のがん発生率の49.3%を占めました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]