不正検知・防止 (FDP)市場:銀行分野が2032年までCAGR27%で成長見込み

不正検知・防止(FDP)市場は、ビッグデータ、データ分析、予測モデリング、ディープラーニング、クラウドコンピューティング、機械語、AIなどの新世代技術の導入により、2032年まで指数関数的に成長すると予想されています。組織は、不正取引を克服するために、最新の不正検出・防止技術やリスク管理戦略を常に導入してきました。これらの戦略は、重要なデータソースとリアルタイムモニタリングを組み合わせ、ML(機械学習)などの予測・適応分析技術を適用して、不正行為のリスクスコアを作成します。このような要因は、市場の成長にプラスの影響を与えることが予想されます。

一方、不正検知・防止ソリューションに関連する高コストは、今後の市場拡大を妨げる重大な要因の1つであると考えられています。それでも、ツールやソフトウェアを開発するためのビッグデータ解析とAI展開の著しい急増は、2023-2032年の間に市場の成長にプラスの影響を与えると思われます。

不正検知・防止業界の主要プロバイダーは、市場全体の競争力を維持するために、パートナーシップ、合併、買収に取り組み、新製品を発表しています。例えば、IBMは最近、AIをチップに組み込んだ新世代のメインフレームを発売し、金融会社にリアルタイムで100%の取引の不正分析を行う能力を備えさせました。

不正検知・防止市場は、不正、コンポーネント、アプリケーション、エンドユース、地域別に分類されています。

不正行為別に、市場は、外部不正分野が大きく成長すると予想されています。この成長は、組織化されたマフィアや犯罪集団が外部不正に関与することが増え、企業におけるFDPサービスの採用が促進されていることに起因しています。

構成要素別に、サービスセグメントが、組織が財務上の損失にさらされる脅威により、2032年まで成長を見せると思われます。Association of Certified Fraud Examiners(ACFE)によると、企業は不正行為によって財務収入の約5%を失っていると言われています。

アプリケーション別に、モバイル不正行為セグメントは2023年から2032年の間に26%以上のCAGRを示すと予想されます。この成長は、フィッシング攻撃、悪意のある電話アプリ、モバイルスパムボット、偽のSMS/電話、銀行/決済アプリケーションから情報を複製して機密口座情報を明らかにするウイルスの増加に起因していると考えられます。

エンドユーザー別に、銀行分野が2023年から2032年にかけてCAGR27%以上を記録する見込みです。これは、個人情報の盗難や金融機密情報の漏えいに対する脆弱性が高まっていることに起因しています。

地域別に、北米市場が高い成長率を示すと予想されます。オンライン決済プラットフォームへの依存度が高まり、携帯電話の普及率が上昇した結果、決済詐欺や個人情報盗難などの不正行為が増加したことが、今後の市場拡大を後押しするものと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]