エンドウ豆タンパク質市場:アジア太平洋地域、2032年に1億6500万米ドル到達予測

エンドウ豆タンパク質市場は、北米地域を中心としたタンパク質の需要と消費の増加により、2023年から2032年の間に大幅な成長を遂げることが予想されています。同時に、動物虐待に関する消費者の意識の高まりは、植物性タンパク質の代替への需要の増加につながっており、エンドウ豆タンパク質市場の需要を促進することになります。

主要な市場プロバイダーは、既存のポートフォリオを拡大し、市場での存在感を強化するために、有意義な買収、合弁事業に参入しています。例えば、2022年10月、フランスのRoquetteは、エンドウ豆をカナダの栽培農家から調達し、ポーテージ・ラ・プレーリーで製造することで、有機エンドウ豆原料の新シリーズを発表しました。Roquetteはさらに、北米、欧州、メキシコの市場で製品発売も発表しています。

他にも、2021年3月、多国籍素材企業であるIngredionは、ネブラスカ州のエンドウ豆タンパク質工場に2つのエンドウ豆ベースの素材を追加し、植物由来のソリューションを拡大すると発表しました。この最新の動きは、同社が急成長する植物由来の食品業界を開拓するのに役立つと思われます。

エンドウ豆タンパク質市場は、製品、アプリケーション、地域別に分類されています。

製品別に、テクスチャー部門が2023年から2032年にかけてCAGR11%で成長する見込みです。同セグメントの成長は、健康志向の消費者の間でビーガン食の消費が拡大していることに起因していると考えられます。例えば、米国におけるビーガン消費者の割合は、2014年のわずか1%から2020年には6%に増加しました。さらに、世界中で動物の病気やインフルエンザが増加していることも、肉の代替品としてエンドウ豆ベースのタンパク質製品の需要を高めています。

用途別に、大幅な成長が見込まれる肉類代替品セグメントが、今後10年で市場を特徴付けると思われます。同セグメントは、植物由来の食品に対する需要増により拡大すると考えられます。2023 Food Trendsによると、2023年には40%の消費者が植物由来の肉製品を購入するものと思われます。

地域別に、アジア太平洋市場は、2032年には1億6500万米ドルに達すると思われます。これは、アジア太平洋経済圏全体で、肉の代替品やアレルゲンに優しいフィットネスやスポーツサプリメントの需要が伸びていることに起因していると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]