ヘルスケアゲーミフィケーション市場:2022年は治療用途がシェア34.5%を占める

ヘルスケアゲーミフィケーションの市場シェアは、ヘルスケア消費者主義の高まりにより、2032年まで飛躍的に成長すると予想されています。さらに、患者の意識改革により、医療を受ける側は、自らの健康上の利益とコストについてより考えるようになりました。また、消費者が責任を持って医療計画を選択するという傾向は、近い将来、ヘルスケアゲーミフィケーション市場の拡大を促進します。また、新興国での臨床試験や研究活動の進行、従来の教育システムからのゲーミフィケーションソリューションの提供への一定の移行は、今後の市場に成長機会を提供することになります。一方で、患者の行動心理や特定のケースにおけるゲーミフィケーション機能に関する認識不足により、今後数年間はその成長に支障が見られる可能性があります。

ヘルスケアゲーミフィケーション市場は、ゲーム、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に分類されています。

ゲーム別に、カジュアルゲーム部門は2022年に38億米ドルを超え、2032年までプラス成長を示すことが予想されます。この成長は、伝染病やその流行に関する消費者の意識が高まっていることに起因しています。

用途別に、治療分野が2022年に34.5%以上の市場シェアを占め、今後数年間は顕著な利益を記録すると予想されています。市場参加者、大学、研究者は、脳、身体活動、ストレス、不安などのための新しいゲームの開発に絶えず取り組んでおり、市場成長に貢献することが予想されます。例えば、ハリスバーグ科学技術大学とBodhana Groupの最近の提携研究では、卓上ゲームが不安症状や行動を積極的に軽減し、プレイヤーの精神的幸福を向上させることが明らかにされました。

最終用途別に、企業ベースのセグメントは、2023年から2032年の間に高い利益を記録すると予想されます。これは、従業員のメンタルヘルスに関する憂慮すべき懸念に起因しています。雇用主は、個人の全体的な幸福度を高めるために、オンラインゲームやパーソナライズされたフィードバックなどのウェルネスプログラムを採用することによって、従業員の健康を向上させようとしています。また、健康を監視するApple Watchなどのウェアラブルデバイスの利用が増加しているため、採用率が高まり、市場の成長を補うことになります。

地域別に、アジア太平洋市場は、2022年に32億米ドル以上と評価され、今後数年間で大きく拡大することが想定されています。この成長は、より良いケアを提供し、健康行動を強化するために、ゲームの利用が拡大していることに起因しています。また、慢性疾患の発生率の上昇、フィットネス要件の増加、インフラの開発、治療の進歩が、2032年までの地域市場の成長に影響を与えると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]