医療用ポリマー市場:医療用エラストマー製品、2023年から2032年にかけてCAGR8%で成長予測

医療用ポリマー市場は、在宅医療への傾向の変化により、2032年まで堅調な成長を遂げると思われます。同時に、老年人口の増加が医療行為の急増につながり、2023年から2032年にかけての市場成長を促進することが予測されています。

業界の主要な競合他社は、合弁事業や買収、ポートフォリオの拡大を通じて、医療用ポリマー市場における足場固めに取り組んでいます。例えば、2022年12月、世界的なポリマー技術グループであるOechslerは、医療用製品の生産能力を拡大すると発表しました。同社は、ルーマニアとメキシコの拠点とともに、アンスバッハ本社でクリーンルームの生産能力を50%増強すると付け加えています。

別の例を挙げると、Trelleborg は 2022 年 4 月に、米国の医療およびヘルスケア業界に対応するために EirMed LLC を買収しました。さらに、2022 年 10 月にはMinnesota Rubber & Plastics の買収を完了したことも明らかにしました。 最新の買収により、Trelleborg はその能力と材料のポートフォリオを拡大することができます。

医療用ポリマー市場は、製品、用途、地域別に分類されています。

製品別に、医療用エラストマーセグメントが特徴的で、2023年から2032年にかけてCAGR8%で成長すると予測されています。医療用エラストマーは、純度・費用対効果が高く、リサイクルも可能であるため、同セグメントの需要を促進すると思われます。

用途別に、医療機器・装置セグメントが今後10年間で堅調に成長すると思われます。TVC、ゴムラテックス、SBCなど、医療業界でチューブ、サーモスタットゴム、バッグ、粘着手袋として使用されるさまざまなポリマーが存在します。このような製品の用途に対する需要が増加していることが、同セグメントの成長を牽引しています。

地域別に、アジア太平洋市場が2032年までに大幅な成長を遂げると予想されています。この成長は、アジア太平洋地域の人口増加と医療費増加によるものです。また、同地域では医療用ポリマーの需要が増加しており、企業も製品ラインナップを増やしています。

例えば、2020年12月、持続可能な材料サービスとソリューションの専門家であるAvient Corporationは、この地域における特殊着色済みMevopur™ポリマーの需要増に対応するために、シンガポールの施設に新しい生産ラインを装備することを発表しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]