発泡金属市場: 2032年にかけて亜鉛材料がCAGR4%で成長予測

発泡金属市場は、航空宇宙分野での発泡金属の使用急増により、2023年から2032年の間に拡大すると予想されています。

しかし、発泡金属のはんだ付け、接着、溶接の複雑さが、今後、市場成長の障害になると予想されます。さらに、エネルギー集約的で複雑な生産工程が、業界の拡大を妨げると予想されています。

一方、主要な市場プレーヤーは、製品ポートフォリオを改善し、顧客にクラス最高のソリューションを提供するために、研究開発活動に投資しています。例えば、2019年11月、ERGは研究開発施設のための最新の産業センターを米国ネバダ州に立ち上げました。この新設は、同事業の製品ラインアップの多様化を支援しています。

金属発泡体市場は、製品、材料、最終用途分野、地域別に分類されています。

材料別に、亜鉛セグメントが2023年から2032年にかけてCAGR4%で成長すると予測されています。亜鉛の需要増は、建築・建設分野での使用拡大が原動力となっています。一方、チタンセグメントも、様々な用途で航空宇宙分野のリーダーたちにより好まれることから、今後も市場は拡大するものと予測されています。

同様に、その他のセグメントも高い利益を達成すると予測されています。ニッケル、マグネシウム、カドミウム、スチール、金など、より多くの発泡金属材料がその他分野に含まれます。

最終用途別に、自動車セグメントは着実な成長を記録すると推測されます。自動車産業は世界中で顕著な成長を遂げており、これが発泡金属の需要を促進すると考えられます。同様に、エネルギー分野も2032年まで高い成長を示すことになると考えられています。金属発泡体は、熱的、電気的、機械的、音響的特性により、さまざまなエネルギー用途に適しており、2023年から2032年の間、各セグメントの成長を促進することが期待されています。

地域別では、北米市場が指数関数的な拡大を遂げると考えられます。北米地域のさまざまな製品の消費は、医療費の増加によって促進されると思われます。同様に、中東・アフリカ市場は2023年から2032年まで間CAGR 2.5%以上で成長するとされています。これは、同地域の建設活動の活発化が市場を牽引するものです。

競争の激しい金属発泡体市場で事業を展開している主要企業には、Cymat、Spectra-Mat Inc.、Aluntam Corp.、Bauer Cases、Raede International Corp.、Erg Aerospace Corporation、などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]