ダーマルフィラーによる口唇形成市場、2032年までCAGR11%で成長予測

ダーマルフィラー市場は、医療分野における専門家や施設の増加により、2032年まで安定的に成長することが見込まれています。

ダーマルフィラー市場の成長の主な理由は、技術の急速な進歩とその人気の高まりです。さらに、美容基準の向上に対する意識の高まりが市場拡大を後押ししています。また、多くの非侵襲的治療を提供するメディカルスパ、クリニック、若返りセンターなどの施設数の急増は、今後の業界の成長にさらに貢献することになります。

例えば、2022年8月、AbbVie傘下のAllergan Aestheticsは、同社のJUVEDERM VOLUX XCが米国FDAの承認を取得したと宣言しました。これは、顎のラインを引き締めるために使用するもので、同社はこの承認取得により、市場での地位確立とポートフォリオの多様化を実現しています。

ダーマルフィラー市場は、タイプ、材料、用途、エンドユーザー、地域別に分類されています。

タイプ別に、生分解性セグメントは、生分解性フィラーに関連する合併症が少ないことに支えられ、大幅な成長を示すと思われます。より深い傷跡やほうれい線の治療には、半永久的なフィラーが頻繁に使用されます。放射線透過性ポリアルキルイミドの半永久的なフィラーは、アレルギーテストを受ける必要がなく、合理的でリーズナブルな価格で入手できるため、顧客の利用が高まることが期待されます。

用途別に、口唇増大セグメントは2023年から2032年までCAGR11%で成長することが予測されています。従来の外科的口唇形成術と比較して、ダーマルフィラーは低コストで唇増大のための予測可能な結果を提供します。その秀でた特性により、皮膚充填剤を好む消費者が増えており、これまでの傾向を覆すことになると思われます。

エンドユーザー別に、市場は、皮膚科クリニック、病院、その他に分類されます。その他のセグメントは、2032年までに推定35%の市場シェアを獲得すると予想されています。これは、専門性や費用対効果の高い医療スパなどでのフェイスフィラー治療の選択が増えたことで、需要が急速に高まっていることに起因していると思われます。2032年までの間、最先端の商品とサービスの継続的な施設の増加は、さらに同セグメントの拡大を促進します。

地域別に、北米市場は2022年に35%以上の市場シェアを占めました。米国やカナダなどの北米経済は、医療インフラに多額の投資を行っているため、市場は今後も拡大するものと思われます。さらに、経済状況の改善、可処分所得の増加、都市化の加速により、同市場の拡大が加速するものと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]