アリュロース市場:卓上甘味料用途、2032年までCAGR14.0%で成長予測

アリュロース市場は、食品・飲料業界におけるアリュロースを含む天然甘味料の使用量増加により、2023年から2032年にかけて堅調な成長を遂げると予想されています。

アリュロース市場は、タイプ、用途、地域別に分類されています。

タイプ別に、市場は、粉末、液体、結晶に分類されます。このうち、液体アリュロース市場は、2032年までに1億米ドルに達すると予想されています。液体アリュロースは、トウモロコシを果糖とデンプンに分解し、さらに、遺伝子組み換え微生物の力を借りて、果糖をアリュロースに変換することで得ることが出来ます。

液体アリュロースは、70%の甘味を含んでいるため、他の甘味料よりも健康的であると考えられています。これは、主にソース、飲料、卓上甘味料、シロップに使用されています。これらの甘味料の需要増に伴い、液体アリュロースも、今後順調に成長することが期待されています。

用途別に、市場は、ベーカリー・製菓、乳製品・冷菓、アイスクリーム・デザート、医薬品、飲料、ソース・ドレッシング、卓上甘味料、食品に分類されています。

卓上甘味料部門は、2032年までの間、CAGR14.0%で成長することが予測されています。砂糖と比較して、アリュロースは優れた栄養価を有しており、卓上甘味料としても好まれ、様々な製品に添加されています。また、甘味料としてクッキーやケーキなどの焼き菓子にも使用されており、焼き菓子の需要増が、今後の卓上甘味料市場の成長を押し上げると考えれれます。

また、医薬品部門は、2032年までの間、CAGR 13%で堅調に成長すると考えられます。アリュロースには、医療上の利点が数多くあり、血糖値を正常化することで、糖尿病の治療にも使用されています。さらに、心血管疾患を予防することもでき、悪玉コレステロールの低下、脈拍の調節、体重管理、肝機能の改善、免疫システムの強化などをサポートします。このように、医薬品の消費量の増加に伴い、アリュロースの需要も増加すると考えられています。

地域別に、市場は、北米、中南米、アジア太平洋、中東・アフリカに分類されます。中東・アフリカ市場は、2032年までの間CAGR13.5%の安定した成長を遂げると予想されています。同地域の人々は、健康的な食品への関心が高く、合成品よりも植物由来の製品を好みます。植物由来の製品に対する需要は顕著に増加しており、中東・アフリカ地域のアリュロース市場は今後牽引力を増すものと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]