耳栓市場:軍事・防衛用途の需要増を背景に、2032年まで成長予測

耳栓市場は、軍事・防衛用途の需要増を背景に、2032年まで高い成長を遂げる可能性があります。3Dモデリングと印刷を利用して耳栓を大規模に製造するという新たなトレンドが広まっています。

3Dプリンティングの利用により、高価なものと同じように有効で、感染症からの予防にも役立つ、安価なカスタマイズされた耳栓を手に入れることができるようになりました。さらに、音の大きい職場で聴覚保護具の使用を義務付ける政府の取り組みは、業界の展望にとってプラスに働くと予想されます。一方、製品の採用範囲は広いものの、耳栓に関する顧客の認知度の低さが、市場の拡大をある程度妨げると思われます。

耳栓市場は、素材、用途、エンドユーザー、地域別に分類されています。

材料別に、フランジ耳栓セグメントは、2032年までに高い成長を見せると予想されます。フランジ付き耳栓は、長時間イヤープロテクタを着用しなければならない人々のための快適さと最適な保護を提供します。企業は、ノイズに対して複数のシールを形成する耳の形状に適応可能なトリプルフランジに製造をシフトしており、同セグメントのシェアを増大させています。

用途別に、プロの水泳選手による耳栓の使用が増加していることから、水泳用途の耳栓シェアは2032年までに1000万米ドルを超えると予想されています。耳栓は、耳に水が入るのを防ぎ、感染症の可能性を低減させます。

エンドユーザー別に、インフラ開発に対する政府投資の増加や、現場でのPPE(個人用防護具)使用に関する指令に後押しされて、建設部門がかなりの勢いを示すと予想されます。世界中の多くの政府機関が、労働者の危険な作業環境における耳の保護装置としてのPPEの使用について、厳格な義務付けを導入しています。

地域別に、北米の耳栓市場が、2032年までに顕著な成長を遂げると予測されています。これは、難聴などの労働関連の事故や病気の事例の増加に対処するため、製造、鉱業、建設など地域全体のさまざまなセクターで耳栓の使用が増加していることに起因しています。また、騒音公害に関連する健康問題や、耳栓の利点、地域内の技術進歩に関する意識の向上も成長の要因となっています。

NIOSHによると、米国では約2200万人が職場で有害なレベルの騒音にさらされており、耳栓のような効果的な聴覚保護デバイスの必要性がさらに高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]