加工済み青果物:加工機器市場は2022年に990億米ドルと評価

加工済み青果物市場は、有機・自然食品の需要拡大により、2032年まで大きく成長することが予測されます。また、健康的なライフスタイルに対する消費者の志向の高まりや、それに伴うビーガニズムの世界的な人気も、市場成長を促進するものと思われます。

COVID-19 パンデミックは、厳しいロックダウンとサプライ チェーンの混乱により、業界にかなりの悪影響を及ぼしました。しかし、ヒトの免疫系に対する SARS-COV-2 の潜在的な副作用により、多くの人が果物や野菜の摂取量を増やすようになり、小売部門の繁栄に加えて業界の復活に貢献しています。

さらに、業界の大手企業は、消費者の期待に応え、市場での事業基盤を強化するために、大手食品メーカーと戦略的に提携し、製品群の多様化に注力しており、加工青果業界に前向きな成長見通しが生まれています。

例えば、2022年2月、主要食品流通・マーケティング企業であるSysco Corporationは、同社の顧客範囲を拡大する一方で、調理済み食品機能を強化するために、生鮮食品の大手流通・加工業者であるThe Coastal Companiesの買収を行いました。

加工済み青果物市場は、タイプ、製品、加工機器、地域別に分類されています。

タイプ別に、業界は果物と野菜に分かれています。 野菜セグメントは、栄養豊富な健康食品に対する利点の認識が高まっているため、2032 年までに大幅に増加すると推定されています。 また、ビーガンの人々の有機野菜に対する大きな需要が、同セグメントの成長に拍車をかけています。

製品別に、2022年に冷凍フルーツおよび野菜セグメントは、140億米ドルの売上高を獲得しました。これは、冷凍果物や野菜に関連する利便性、鮮度、官能品質、栄養保持、保存期間の延長に起因するものと思われます。また、食糧安全保障の取り組みによる冷蔵インフラの拡大は、冷凍フルーツおよび野菜の需要を後押ししています。

加工機器は、2022年に990億米ドルと評価され、2032年まで顕著な成長を見せることが予測されています。加工機器は、生鮮果物や野菜の保存期間を延ばしながら、風味、色、質感、栄養を維持するのに役立ちます。果物や野菜の加工産業で使用される全自動および半自動装置の利用が増えていることも、同分野の成長を後押ししています。

地域別に、2022年は、欧州市場が950億米ドルを記録しました。欧州地域では、加工青果物の輸入が大幅に増加すると予想されており、特に、英国の小売部門の見通しが明るいため、包装食品や調理済み食品への需要が高まり、地域市場の成長を促進しています。

一方、ラテンアメリカ市場は、同地域の発展途上国の農村部の都市化と組織化拡大の結果、2022年には300億米ドルの売上高を記録することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]