天然甘味料市場:モンクフルーツ部門、2032年にかけてCAGR7%で成長予測

天然甘味料市場は、飲料分野での緩やかな盛り上がりにより、2032年まで安定的に成長すると予想されています。

市場の主要企業は、健康志向の高い人々の間で高まる需要に対応するため、天然甘味料を使用した革新的な製品の開発に取り組んでいます。ホエイプロテイン、アイソレートなどのスポーツサプリメントを作るための天然甘味料の使用は、業界の成長を促進しています。

天然甘味料市場は、製品、用途、地域別に分類されています。

製品別に、モンクフルーツ部門は、世界中で自然由来の砂糖の消費が増加しているため、2023年から2032年にかけてCAGR7%以上で拡大すると予測されています。特定の疾患、特に肥満に悩む顧客は、体重管理プログラムを選択しています。この点で、モンクフルーツは、その優れた栄養価と低炭水化物含有量により、推奨されています。

用途別に、健康維持のためのサプリメントの利用が増加していることから、スポーツサプリメント部門が、今後大きく成長すると予想されます。ボディビルダーやアスリートの多くがゼロカロリーや低カロリーの機能性食品や飲料を選択しており、市場拡大に好影響を与えると思われます。

一方、冷凍デザート部門は、健康上の利点と、便利な食品へのニーズの高まりにより、2023年から2032年にかけて大幅な成長が見られると考えられます。調理済み食品の消費は、時間の節約と十分な栄養素を摂取するために、冷凍食品、缶詰、加工食品に対する顧客のニーズの高まりに影響され、市場動向を後押しするものと思われます。

地域別に、北米市場は、ライフスタイルや食習慣の変化に伴い、フィットネスの維持や体重管理に対する消費者の関心が高まっていることから、2032年までに大きく前進すると予測されます。特に北米では、栄養補助食品分野の拡大と新規参入企業の存在感が高まっており、同地域の成長に拍車をかけるものと思われます。

一方、中東・アフリカ市場は、2032年にかけてCAGR3.5%で成長することが予測されます。天然由来物質の取り込みの増加や、一般的なフィットネス傾向への意見の変化が、この地域の展望に拍車をかけると予想されます。天然甘味料は、栄養補助食品、サプリメントだけでなく、健康食品や飲料の代用品の生産に頻繁に使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]