国際ホールセール音声キャリア市場:相互接続課金サービスの収益、2022年に50億米ドル達成

国際ホールセール音声キャリア市場は、VoIP機器やスマートフォンへの嗜好の高まりにより、2032年にかけて飛躍的に拡大することが予想されています。

世界的にスマートフォンの普及が進み、音声卸売事業者はスマートデバイスが牽引する膨大なVoIP需要に対応するための新たな選択肢を手に入れました。スマートフォン市場は、その普及率が高みに達したことでさらなる拡大を見せており、データ量の多い音声通話アプリやモバイルインターネットの使用により、より多くのVoIPトラフィックが必要とされています。

例えば、Nokiaは、2021年10月、同社初の固定無線接続ブロードバンドゲートウェイをデビューさせました。このゲートウェイは、日本向けのローカル5G仕様に対応するために作られたものです。ノキア5Gゲートウェイ3.2は、地域の5G帯の要件を満たしたことで、デジタル変革のため、地域の5G政府プログラムをサポートしています。

国際ホールセール音声キャリア市場は、サービス、伝送ネットワーク、技術、地域別に分類されています。

サービス別に、相互接続課金セグメントは、2022年に50億米ルを超える収益を記録しました。通信事業者の相互接続課金サービスのニーズと業界の急速な発展が、2032年までの、同セグメントの成長を促進することが予想されます。

伝送ネットワーク別に、通信事業者のインフラ拡張投資の増加や光ファイバー需要の高まりにより、2032年に所有セグメントが記録的成長を遂げると予測されます。世界中の大手通信事業者は、通信インフラの成長に注力しており、ネットワークバックボーンの規模を拡大するために多額の投資を行っています。

技術別に、国際電話サービスの急増や消費者支出の増加により、従来型の交換機が堅調な伸びを示すと予想されています。電気通信ネットワークは、従来型の交換機または回線交換技術を用いて実装されます。この技術では、2つのネットワークノードが接続するために、まずネットワーク内に専用の通信チャネルを作成する必要があります。

地域別に、2022年の欧州市場は、70億米ドルに到達いたしました。5Gネットワークサービスの拡大や携帯電話解約料金の審査に関する規制措置が、調査期間中の同地域のホールセール音声通信事業者市場を牽引すると予想されます。

一方、ラテンアメリカ市場は、2032年までに60億米ドルの売上を計上すると思われます。地域のワイヤレスインフラの成長と音声サービスの導入は、いずれもラテンアメリカの国際ホールセール音声キャリア市場の拡大要因となっています。ほとんどの国が発展途上国であるため、新技術の利用が大幅に増加しており、今後の地域の成長を促進する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]