慢性静脈閉塞症治療:北米は2021年に事業シェアの40%以上を獲得

慢性静脈閉塞症治療の市場規模は、外科的治療を必要とする慢性静脈閉塞症の有病率の増加により、2030年まで大きな収益を記録すると予想されています。orpha.netの統計によると、肝静脈閉塞症は、肝移植を受けた患者の0.3%から2.3%、ゲムツズマブ・オゾガミシンで治療した患者の15%で発症し、GO治療の履歴がある患者では統計が40%に上昇すると予測されています。

深部静脈血栓症治療における研究調査や技術開発は、2022年から2030年の間の市場に影響を与えるものと思われます。2021年、ペンシルベニア州立工科大学の研究者は、深部静脈血栓症の治療法となりうる画像診断技術を開発しました。

同市場は、製品、用途、最終用途、地域別に分類されます。

製品別に、デバイス部門は、2022年から2030年にかけて実質的な利益を蓄積する可能性があります。その複数の利点から、高度な治療および医療機器に対する需要が高まっており、同セグメントの拡大に寄与しています。慢性静脈閉塞症治療デバイスは、脚の血流を増加させながら、血栓の制御と予防を支援します。

用途別に、静脈瘤セグメントは、2030年までに大幅に急増することが予測されています。世界中で静脈瘤の有病率が上昇することで、製品の需要は高まることが予測されます。一方、米国での有病率は10万人に4500人程度です。静脈瘤の治療において利用される慢性静脈閉塞症の代替治療法は、今後の市場を刺激するものと思われます。

エンドユーザー別に、病院セグメントは、高度な静脈デバイスと低侵襲治療の選択肢の可用性の上昇により、プラスの成長を観察しています。さらに、対象疾患治療における高い専門性とスキルを持つ医療専門家の存在が、2022~2030年の間、慢性静脈閉塞症治療市場の成長を補完するものと思われます。

地域別に、北米市場は、急速に上昇することが予測されています。2021年、同市場は40%以上の事業シェアを獲得し、2030年までさらに拡大するものと思われます。この成長は、慢性静脈疾患の有病率の上昇、大陸における主要プレイヤーの存在、北米全域の償還医療政策からもたらされています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]