熱転写リボン市場:製造業部門は、2032年までCAGR8%で成長予測

熱転写リボン市場は、物流・輸送における製品需要の増加により、2032年まで大きく拡大する見通しです。

業界をリードする企業は、海外市場における製品需要のさらなる拡大を目指し、買収やパートナーシップの締結に注力しています。アジア太平洋地域の市場は、ラベリングアプリケーションにおける熱転写リボンの技術的な改善と利点によって後押しされるものと思われます。

熱転写リボン市場は、製品、プリントヘッド、アプリケーション、最終用途、地域別に分類されています。

プリントヘッド別に、フラット型が緩やかな成長を遂げると予測されます。

最終用途別に、製造業部門は、2032年までにCAGR8%で成長することが予測されています。熱転写リボンは、製造業では、さまざまな商品のタグやラベルを作成するために広く利用されています。熱転写リボンバーコードは、その優れた品質と耐久性により、製品のラベリングや保管などの用途に優れており、製造業部門の成長を後押しする可能性があります。

一方、小売部門では、さまざまなラベリング目的で熱転写リボン材料が利用されており、今後も、積極的に採用されると考えられます。小売店でのマーキングや保管場所など、短期間での使用には、ワックスリボン製品が使用されています。

その他部門は、世界の銀行・金融サービスの拡大により、今後数年間は堅調に推移するものと思われます。銀行、金融、政府、一般事務、警察など、その他のエンドユーザーは、製品の低価格化と印刷速度の速さにより、熱転写リボンラベリングシステムを導入しています。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、2032年までCAGR 7%で成長すると考えられます。これは、製造業における製品採用が拡大していることが要因となっています。Flexo & Label Brazilをはじめとする数多くのイベントが、エンドユーザーの産業用途に向けた多種多様な製品のデモンストレーションの場を提供しています。

一方、中東・アフリカ市場は、将来的に石油産業への依存度を下げるために、各エンドユーザー産業で支出が増加するとともに、かなりの成長を見せると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]