ポリアクリルアミドの中東・アフリカ市場、水処理への投資増により、2032年までCAGR6.5%で成長予測

ポリアクリルアミド市場は、石油分野での製品需要の高騰により、2032年まで勢いを増し拡大することが予想されています。

大手企業は、より良い品質の製品を提供するために、技術革新と進歩に多額の投資を行っています。ポリアクリルアミドは、シェールガスのような非在来型ガスを経済的に回収するため、水圧破砕で利用されています。北米の石油セクターにおける製品需要の増加が、市場拡大の原動力になると予測されています。

また、製紙分野の拡大やオンラインショッピングの増加により、印刷用紙のニーズが高まっており、ポリアクリルアミド市場の成長が予想されています。さらに、ラテンアメリカでは都市化が進んでおり、建設現場の浸食を抑制するためにポリアクリルアミドの使用が増加しており、市場の成長にさらに拍車がかかるものと考えられます。

ポリアクリルアミド市場は、製品、用途、地域別に分類されています。

製品別に、市場は、非イオン性、カチオン性、アニオン性、その他に分類されます。その他セグメントは、2022年に3億6560万米ドルの市場評価額を記録し、2032年までの間CAGR 3.5%で拡大することが予想されます。これは、都市の下水排出と高効率汚泥脱水剤の採用に起因しています。ポリアクリルアミドには、両性、共重合体、ホモポリマーがあり、化学・精製工程で発生する汚泥を脱水する際、両性ポリアクリルアミドが優れた効果を発揮します。

用途別に、市場は、水処理、石油、製紙、その他に分類されます。その他分野は、繊維・衣料市場の成長とファッショントレンドへの消費者導入に起因し、2032年までに6億6060万米ドルという飛躍的な市場成長を示すと考えられています。ポリアクリルアミドは、繊維産業で布を後処理する際、柔らかくする仕上げ剤として使用され、防カビの保護層を提供すると同時に、しわ防止にもなります。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、金属や鉱物の採掘に対する高い投資を受け、鉱業用途の需要が高まったことで、2023年から2032年の間にCAGR5.5%の顕著な成長を見せることが予測されます。ポリアクリルアミドは、有機高分子凝集剤として、鉱物加工からの排水を凝集処理する際に使用されています。

一方、中東・アフリカ市場は、2023年から2032年の間にCAGR6.5%で確実な成長を示すことが推測されます。同地域では、廃水処理技術の開発、水処理への投資の増加、三次フィルタリングによる廃水の再利用といった要因から、より急速な成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]