歯科診療管理ソフトウェア:政府やベンチャーキャピタルからの資金提供が市場成長の原動力に

歯科診療管理ソフトウェアの市場規模は、口腔内の健康と衛生に対する意識の高まりと注目により、2032年まで大幅に拡大すると予想されています。また、加速する技術の進歩は、今後、市場の進展をさらに促進する可能性があります。

歯科診療管理ソフトウェア業界における政府やベンチャーキャピタルからの資金提供の増加も、市場成長の原動力となっています。例えば、2021年に、クラウドベースの歯科サービスの提供に携わるクラウド歯科ソフトウェア新興企業であるCareStackは、2250万米ドルの投資を確保しました。この資金は、同社の事業拡大や人員増強に充てられる予定です。

市場の力強い成長は、診療関連のさまざまなタスクの管理に同ソフトウェアを使用する専門家が増えていることに起因しています。これらのソフトウェアソリューションは、歯科診療所の運営を合理化し、患者の診断と治療に関する臨床情報やその他の情報への迅速なアクセスを提供します。

主要な市場参加者による戦略的イニシアチブの拡大は、市場需要に拍車をかける可能性があります。例えば、Allscripts Healthcare Solutionsは、2020年2月にManorama Infosolutionsと戦略的パートナーシップを締結し、統合医療管理情報システムおよび医療情報交換プラットフォームの提供を実現しました。

この提携は、同社のグローバルリーチを拡大し、インドやその他の発展途上国における商業的プレゼンスを高める一助となりました。

歯科診療管理ソフトウェア業界は、コンポーネント、デリバリーモード、地域別に分類されています。

コンポーネント別に、市場は、患者とのコミュニケーション、スケジューリング、支払い処理、請求書/請求書作成、歯科カルテ作成、保険管理などに分類されます。支払処理部門は、今後数年間、収益性の高い成長を示すものと思われます。

デリバリーモード別に、Webベースのセグメントが2032年までかなりの速度で増えることが予測されます。Webベースのデータベースとソフトウェアは、デスクトップではなく、中央サーバ上に保持され、ネットワーク接続とインターネットプロトコルを利用してどこからでもアクセスすることができます。

患者のカルテ作成、請求書作成、スケジュール管理、報告書作成、治療計画のために、このような歯科診療管理ソフトウェアを使用する歯科診療所が増えるのと同時に、製品需要はさらに増すものと思われます。

一方、クラウドベースのセグメントは、柔軟性、既存のメカニズムと連携する能力、セキュリティ対策など、クラウドベースシステムによって提供される高度な機能により、今後、大幅に拡大する態勢を整えています。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、2032年まで大幅に拡大することが推測されます。また、中東&アフリカ市場も、今後の成長が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]