高純度アルミナ市場:リチウムイオン電池用途、2032年までCAGR11.5%で成長予想

高純度アルミナ市場は、自動車産業での採用が増加していることから、今後、大幅な事業成長を示すと予測されています。

近年、自動車エンジンや自動車用リチウムイオン電池の空燃比を調整するために使用される空燃比センサ(A/Fセンサ)のニーズが急増しており、2023年から2032年にかけて高純度アルミナの需要が高まると予測されています。さらに、その高い純度から、高圧ナトリウムランプ用の半透明チューブ、時計の文字盤用のサファイアなどの単結晶材料、高強度セラミック工具、磁気テープ用研磨剤、および同様の用途に広く使用されています。

高純度アルミナ市場の主要企業は、顧客のビジネス目標達成のために大きな競争力を提供することに注力しています。強力な研究開発能力とグローバルな専門知識を持つ企業は、最先端の製品開発で協力し、活況を呈する経済において重要な地位を確保するために新しい技術を導入することに意欲的です。

例えば、2022年7月、イスラエルのクリーンエネルギー企業であるPhinergyと、Phinergyが共同出資するIOPは、インドのアルミ・銅製造企業であるHindalcoと独占的に、アルミ空気電池用のアルミ板の研究開発とパイロット製造、およびこの電池で使用後のアルミリサイクルにおいて協業しています。このような取り組みが、業界を取り巻く状況を好転させる土壌となっており、ビジネスの将来を形作る上で極めて重要な役割を担っていると言えます。

高純度アルミナ市場は、技術、用途、地域別に分類されています。

技術別に、HCLリーチング分野が大きく成長すると予測されています。大規模な研究開発投資と技術の進歩により、高純度アルミナの製造に携わる企業ではHCLプロセスの開発と改良が進められています。不純物含有量が少なく、アルミナ含有率が高いという、高品質の原料によって、純度の高いアルミナ製品の製造が可能となり、世界の高純度アルミナ事業領域で優位性を発揮しています。

用途別に、市場は、蛍光体、LED、半導体、サファイア、その他に分類されます。その他の用途としては、リチウムイオン電池があり、2032年までCAGR11.5%以上の成長を記録すると予想されています。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)の普及が進み、リチウムイオン電池(LIB)のセラミックセパレータのコーティングでの使用が増えたことで、高純度アルミナの需要が高まると予測されます。

2020年9月、オーストラリアのパイオニア企業であるAltech Chemicals Ltd.は、リチウムイオン電池の負極の製造を中心に使用される、高純度アルミナを作成することを明らかにしました。これにより、サイクル安定性、性能が向上し、電池の急速充電を実現しています。

中東・アフリカ市場は、2023年から2032年の間CAGR14%で拡大すると予想されます。ビジネスプロセスの自動化に対する需要の高まりが、自動車や医療業界を中心とした官民からの投資を促しており、同地域の収益シェアにプラスの影響を与えることが予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]