薬剤溶出性バルーンカテーテル:低侵襲な末梢および動脈疾患の治療に貢献

薬剤溶出性バルーンカテーテルの市場規模は、高齢者人口の増加を背景に、2030年まで急速な伸びを記録すると予測されています。一方、医療機器分野における技術的進歩の増加も、市場の成長に貢献することが予測されます。

2021年3月に、MedAllianceは、Sirolimus drug-eluting balloon catheterと呼ばれる画期的なデバイスの米国FDA承認を取得しました。これにより、安全でより効果的な治療を実現するための革新的な90日間シロリムス放出技術に、米国中の患者がより早くアクセスできるようになりました。

DCB(Drug Coated Balloon)カテーテルは、血管壁に薬剤を均一に放出することで即時に薬剤を投与し、再狭窄率を低下させ、低侵襲な方法で末梢および動脈疾患の治療に貢献することができます。

DCBカテーテルを用いた治療法は価格が高いため、業界の見通しを制約する可能性があります。冠動脈パクリタキセルバルーンカテーテルの価格は約3500米ドルで、多くの患者には手が届きません。しかし、多くの国が医療制度の強化や強固な財政構造の導入を通じて国民皆保険(UHC)の達成に向けて努力していることから、高価格の影響は今後数年で緩和されるものと思われます。

薬物溶出バルーンカテーテル市場は、製品、最終用途、地域別に分類されます。

製品別に、市場は、冠動脈疾患用DCBカテーテルと末梢血管疾患用DCBカテーテルに分類されます。中でも、末梢血管疾患用DCBカテーテルは、薬剤放出における有効性と末梢疾患の症例増加により、大幅な成長が見込まれています。末梢血管疾患用DCBカテーテルは、再狭窄の予防に役立つため、手術中の患者の安全性が確保されます。

最終用途別に、市場は、外来手術センター、病院・診療所、カテーテル検査室に分類されます。病院・診療所セグメントは、心血管疾患の症例や、心臓関連の治療の入院が増加していることから、需要が急増することが予想されます。

心血管疾患のほか、末梢動脈疾患もカテーテル治療につながる重要な疾患のひとつです。また、病院や診療所における良好な臨床環境や、より高度な機器の利用の可能性も、この分野の成長に影響を与えています。

地域別に、市場は、北米、アジア太平洋地域、欧州、中南米、MEAに分類されます。中南米市場は、心血管疾患の有病率の上昇により、急速に拡大すると予測されています。心血管疾患はラテンアメリカ全域で主要な死因の1つとされており、年間100万人以上の死亡に関与しています。同地域の心血管疾患による死亡のうち、脳卒中は28.8%、冠動脈性心疾患は42.5%を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]