米国の臨床栄養市場、慢性疾患や老人の増加により拡大傾向

米国の臨床栄養市場は、慢性疾患にかかりやすい老人の増加により、2022年から2030年にかけて顕著に増加すると予想されています。

米国保健社会福祉省のデータによると、米国では毎日1万人以上が65歳を迎えています。加齢によって心臓病やがん、糖尿病などの慢性疾患のリスクが高まることで、臨床栄養保健センターのネットワークは大幅に拡大するものと思われます。

高齢者人口の増加に伴い、地域の医療部門はコスト削減と患者の体験向上のために在宅医療に力を入れています。在宅医療は、アクセスの利便性、より良い緩和ケア、生活の質の向上から、社会的に健康を決定する要因を明確にします。このことから、在宅医療による疾病管理のための臨床栄養士の利用が増加するものと思われます。

米国の臨床栄養市場は、製品、消費者、アプリケーション、流通チャネル別に分類されています。

米国では早産が増加していることから、非経口栄養剤の市場シェアが大幅に増加することが予想されます。March of Dimes組織の統計によると、2020年に米国では36万4487件の早産が記録され、全出生数の10.1%に相当すると言われています。

未熟児の栄養状態の維持、バランスの取れた体性、子宮内に似た環境を作るのに有効な治療オプションとして、非経口栄養が採用されています。このことから、米国全体で臨床栄養の採用が大幅に増加することが予想されます。

消費者別に、肝臓疾患の負担が増加していることから、2030年には成人向け市場が主要なシェアを占めると予想されます。米国肝臓財団の発表によると、国内では1億人以上が何らかの肝臓疾患と診断されており、そのうち450万人を成人が占めると報告されています。

このような患者は、筋肉の衰えや体重減少が頻繁に見られます。臨床転帰の悪化と栄養不良の間には関連性があるため、肝臓病患者はしばしば経腸栄養、非経口栄養、経口栄養補助食品による治療を受けています。肝臓疾患の高い発生率に伴い、栄養療法の採用が増加し、その結果、臨床用サプリメントの需要が増大すると考えられます。

米国の臨床栄養業界における神経疾患用途は、進行性の加齢関連脳障害の有病率の増加などにより、2022年から2030年にかけて上昇することが予測されています。

アルツハイマー病協会のデータによると、アメリカでは600万人以上がアルツハイマー病を患っており、患者の10%を65歳以上の人が占めています。臨床栄養による適切な栄養摂取は、病気の症状を和らげるため、全米では神経疾患の治療のための有力なソリューションとして台頭しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]