SCADA:運輸用途の収益シェア、2030年に10億米ドル到達見込み

SCADA市場は2030年にかけて高い成長を記録すると予想されています。SCADA (Supervisory Control and Data Acquisition) は、さまざまな製造オペレーションのデジタル化や仮想化など、技術ベースのトレンドの出現以来、人気を博しています。産業界が労働集約型から技術集約型へと移行する中、SCADAのような高度な制御システムの導入が急速に進んでいます。

この技術は、今日存在するいくつかの複雑なハードウェアシステムとは異なり、より速く、より簡単に操作することができます。SCADAシステムは、ユーザーフレンドリーなHMIソフトウェアの助けを借りて、複数のハードウェアセットアップを効果的かつ正確に操作することができます。また、これらの技術により、メーカーは自動化とトレーニングの必要性の低減を通じてコストを削減することができます。

SCADAシステム会社は、自動化技術に対する需要の高まりに対応するため、新しいソフトウェアプログラムやツールの投入に注力しています。2021年3月、三菱電機はGENESIS64というシリーズ名で2つの新しいソフトウェアソリューションを発売し、欧州・中東・アフリカにおけるSCADA製品のポートフォリオを拡張しました。これらのツールはそれぞれ、ユーティリティ部門、工場、ビルディングの小規模な生産ラインと大規模な監視ニーズに対応しています。

エネルギー転換により、SCADAプロバイダーの投資や買収はさらに加速しています。例えば、2022年4月、SCADA Internationalは、ロンドンを拠点とするエネルギー移行投資家であるMagnesium Capital LLPからの出資を発表しました。この買収により、両社は再生可能エネルギー分野向けの次世代SCADA・制御ソリューションを提供できるようになりました。

SCADA市場は、コンポーネント、用途、地域別に分類されます。

コンポーネント別に、市場は、リモートターミナルユニット(RTU)、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)、その他に分類されます。2021年、リモートターミナルユニット(RTU)セグメントは、SCADA業界の41%以上の収益シェアを占めました。

RTUは、現場の計測器によって生成された電子信号を変換してSCADAシステムに情報を供給できる通信プロトコルを生成するために広範囲に組み込まれています。これらのコンポーネントは、高度なデータ処理能力、柔軟な機能を実現するモジュラーアーキテクチャなど、さまざまな利点を備えています。

用途別に、市場は、食品・飲料、輸送、化学・製薬、上下水道、石油・ガス、公益事業、製造業に分類されます。このうち、運輸用途のSCADAの市場収益は、2030年までに10億米ドルに達する見込みです。

スマートシティプロジェクトやスマートトランスポーテーションをサポートするためのインフラ投資の増加が、今後SCADAシステムの需要に拍車をかけると思われます。電力網、交通制御、水供給など、都市インフラ運用のいくつかの側面は、効果的で円滑な機能のためにSCADAシステムに大きく依存することになります。

地域別に、中東・アフリカ市場は、石油・ガスセクターにおけるシステムの大規模な展開により、2022年から2030年にかけてCAGR 4.4%で成長すると予測されています。また、同地域の配電および廃水管理会社によるSCADAソリューションの採用もペースアップしています。例えば、サウジアラビアのNational Water Company(NWC)は、住宅地にある複数の上下水道処理施設にPLCベースのSCADAシステムを広範囲に導入しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]