空気熱源ヒートポンプ市場:持続可能で高度なHVACシステムの研究開発投資により拡大

空気熱源ヒートポンプ市場は、改善された特性と低いカーボンフットプリントを持つ、持続可能で高度なHVACシステムの研究開発投資により、目覚ましい成長を示し、2030年までに高い評価額を記録するものと考えられています。有害排出物削減への厳しい規制指令と相まって、エネルギー効率の高い技術が重視されており、運用経費が安く、機能的に改善された製品の需要が高まっています。

例えば、2021年11月、Bosch Thermotechnologyの事業提携会社であるWorcester Boschは、Hybrid 7000iAW heat pumpと7001iAW – low carbon air-to-water HP unitという2つの新しいユニットでポートフォリオを多様化すると報告しています。さらに、厳しい建築基準や建築コードに準拠するため、商業施設や住宅のインフラの再建や改修が進んでおり、これらの施設における空気熱源ヒートポンプの設置が促進されるものと思われます。

空気熱源ヒートポンプ市場は、製品、用途、地域別に分類されます。

製品別に、経済圏における展開が増加していることから、空気対空気ヒートポンプは、2030年まで堅調なCAGRで拡大するものと思われます。これは、持続可能な空間冷暖房システムの採用や、CO2およびGHG排出レベルの規制により、各国政府が注力していることに起因しています。これらのシステムは、住宅や商業ビルにおけるエネルギー消費を大幅に削減し、エネルギー料金の節約につながり、2022年から2030年にかけての需要を促進しています。

用途別に、商業用空気熱源ヒートポンプは、2030年までに高い収益を生成することが予想されます。2050年までのネットゼロ目標を達成するために、商業空間の冷暖房にクリーンエネルギー技術を活用する地域が増えており、今後8年間の同分野の成長を後押しする可能性があります。また、急速な産業発展や都市部への移住により、新しい商業ビルの需要が大きく伸びています。さらに、米国や欧州などの地域では、老朽化したインフラの再構築が進んでおり、2030年まで製品の採用が進む可能性があります。

地域別に、中東・アフリカ市場が、大幅な成長を記録し、2030年までに高い評価額を記録することが予測されています。この地域の成長は、堅調なマクロ経済指標と商業化のための海外投資の増加によって支えられています。繁栄する経済状況、高級ホテルや豪華な施設の建設は、高度でエネルギー効率の高い冷暖房システムの配備を奨励しています。このような要因が、政府の支援策とともに、2022年から2030年にかけて、地域の産業ダイナミクスを一変させます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]