自動車用OS市場:先進運転支援システムが2021年の最大市場シェア30%を占有

自動車用OS市場は、自動車産業の拡大により、2030年まで大きく成長することが予想されます。また、自動車生産設備の急速な普及と、高度な車載技術に対する消費者の嗜好の高まりが、今後、業界拡大をさらに後押しするものと思われます。

近年、主要メーカーは、業界内での競争力を高めるために、製品範囲の拡大や改良に積極的に取り組んでおり、市場全体のダイナミクスが向上しています。さらに、Ford Motors、General Motors Company、Volkswagen AG、Audi AGなどの大手自動車メーカーが、生産拠点を拡張しています。自動車部門の好況は、自動車用OS産業の拡大を促進しています。

例えば、2022年6月、BlackBerry Ltd.は、BDStar Intelligent & Connected Vehicle Technology Co. (BICV)と協力し、Renault Jiangling初の完全電気自動車「Yi」に搭載された BICV の次世代インテリジェント コックピットに QNX テクノロジーを展開することになりました。BICV のインテリジェント コックピットは、QNX Neutrino RTOS をベースにしており、QNX Hypervisor によって単一のハードウエア プラットフォームで設計の拡張性と柔軟性を実現しています。

他にも、Google と BMW は 2022 年 7 月に提携し、Google の自動車用 OS である Android を提供することになりました。2023年3月より、両社は特定の車種向けにBMW Operating System 8インフォテインメント・システムを構築するためにAndroid Automotiveを採用する予定です。

同様に、2021年1月、CruiseとGeneral Motorsは、自律走行車の商業化を促進するため、Microsoftと長期戦略パートナーシップを締結しました。両社は、ソフトウェアとハードウェアのエンジニアリング専門知識、クラウドコンピューティングのスキル、製造専門知識、パートナーエコシステムを組み合わせ、人々にとってより安全で、より手頃な交通手段を実現することに合意しました。

自動車用OS市場は、OSの種類、車種、ECUの機能、地域別に分類されています。

OSの種類別に、Windows Embedded Automotive 7 OSタイプは、2030年までに10%以上の市場シェアを獲得すると予測されます。Windows Embedded Automotive 7は、革新的な車載インフォテインメントシステム用に開発されたOSです。車載インフォテインメントシステムを介したコネクテッドビークル技術の利用が増加していることが、同セグメントの進展を後押ししていると考えられます。

ECUの機能別に、市場は、インフォテインメント、パワートレイン、コミュニケーション、セーフティ&ADAS、ボディコンフォート&コントロールに分類されます。セーフティ&ADAS(先進運転支援システム)セグメントは、政府および地域レベルで道路や交通の安全に対する関心が高まっていることから、2021年には30%以上の最大市場シェアを占めました。さらに、車載ネットワークを通じて重要なセンサーデータを高速伝送するための高度なソフトウェアへの要求が、同セグメントの成長を促進しています。

車種別に、市場は、乗用車(サブコンパクトカー、コンパクトカー、フルサイズカー、ミッドサイズカー)と商用車(トラック、バス、トレーラー、重機)に分類されます。フルサイズカーセグメントは、2021年の市場収益の40%以上を占めました。Lurento、Chrysler、 Audi AG、Volkswagenなどのプレミアムカーメーカーが生産設備を拡大しており、同セグメントの拡大が促進されています。また、自動運転技術やコネクテッドビークル技術の導入を促進する政府の取り組みが、業界の成長をさらに促進しています。

地域別に、中東・アフリカ市場は、2022年から2030年にかけてCAGR10%で成長すると予想されます。都市化の進展や消費者の可処分所得の増加など、良好なマクロ経済および人口動態要因が、同地域におけるハッチバック、SUV、セダン、高級車などの乗用車のニーズを高めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]