ラピッドプロトタイピング:自動車産業における普及に伴い、2030年まで拡大予想

ラピッドプロトタイピング材料市場は、自動車産業におけるプロトタイピングの普及に伴い、2030年までに大きな利益を上げることが予想されています。さらに、航空宇宙や軍事機器製造業を強化するための先端技術への政府の支援や、新興国の教育セクターにおける製品の普及が、今後の市場成長をさらに推進する可能性があります。

COVID-19が大流行した際、医療器具やPPEキット、フェイスシールドなどの予防用品が不足したため、ヘルスケア分野で新たなビジネスチャンスが見出されました。ラピッドプロトタイピングは、コストと時間消費を削減し、大量生産を支援します。したがって、様々な国がプロセスを選択することにつながり、ラピッドプロトタイピング材料の需要を高めています。例えば、2021年1月に行われたラピッドプロトタイピングシステムを用いたカスタムメイドのフェイスマスクの開発に関する研究では、3Dプリントマスクはコストが低く、コロナウイルスの流行と戦うための新しいソリューションとして推進されると結論付けられています。

さらに、市場プレーヤーは、消費者ベースを広げるために効果的な戦略的成長のM&Aを採用し、市場全体の見通しを増強しています。例えば、2022年1月、スウェーデンのパワーメタルメーカーであるHoganas ABは、機械メーカーのPiab ABと提携し、積層造形プロセスの持続可能性と効率性を向上させることに成功しました。

ラピッドプロトタイピング材料市場は、材料、技術、用途、地域別に分類されています。

材料別に、市場は、ポリマー、金属、セラミック、その他に分類されています。複合材料、木材などを含むその他分野は、2022年~2030年の間CAGR6.4%で成長すると予測されています。航空機製造に関連する有利なトレンドが、業界の成長を促進する原動力となっています。

技術別に、市場は、アディティブとサブトラクティブ&コンプレッシブに分類されています。サブトラクティブ&コンプレッシブセグメントは、さらにCNC機械加工と鋳造に分類されます。鋳造分野は、自動車プロトタイピングの前向きな見通しから、2030年までに9.7%の市場シェアを獲得すると予想されます。鋳造には、真空鋳造とインベストメント鋳造のプロセスが含まれます。

用途別に、市場は、消費財、自動車、学術、政府・軍事、医療、航空宇宙、その他に分類されます。消費財セグメントは、2021年に1億1000万米ドル以上の収益を占め、2030年には2億米ドル以上の評価額に達すると見込まれています。同セグメントの成長は、高い消費傾向を持つ人口の急増によって推進され、消費財の販売に拍車をかけるものと考えられています。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、同地域における消費財の消費急増により、2022年から2030年までCAGR8%で進展すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]