クレーン市場:公共事業用途、建設・保守に広く利用されることから、2030年まで拡大予測

クレーン市場は、送配電網への投資拡大により、2030年まで大きく成長することが予測されます。また、高度な技術を持つクレーンに対する需要の高まりと建設活動の活発化も、今後の市場成長を後押しするものと思われます。

COVID-19の流行は、製品需要にマイナスの影響を及ぼしました。厳しい閉鎖や規制により産業活動が停止したため、機器の普及に支障をきたしました。一方、その余波は、ライフスタイルの急激な変化や人々の可処分所得の増加など、建設業界に大きなチャンスをもたらし、事業の成長が促進されました。

クレーン市場の主要参加者は、戦略的提携や合併、買収、製品の発売を通じて、顧客基盤の拡大に大きく取り組んできました。例えば、2022年4月、機械産業の住友重機械工業は、日本の建設機械メーカーである日立建機と合弁会社を設立しました。両社のクレーン事業を統合することで、単一チャネルによる販売戦略の実行と生産コストの削減が可能になりました。

クレーン市場は、製品別と地域別に分類されています。製品別に、市場は、固定式クレーンと移動式クレーンに分類されます。移動式クレーンはさらに、タイプ、負荷容量、用途に基づいて分類されます。

タイプ別に、移動式クレーン市場は、オールテレーンクレーン、クローラクレーン、トラックローダークレーン、ラフテレーンクレーンに分類されます。トラックローダークレーンは、大きな利益を獲得すると考えられています。これらのクレーンは、重い荷物を扱う際安定性を保つためのスタビライザーを備えているため、高い吊り上げ能力を持っています。

一方、ラフテレーンクレーンは、今後数年間で高い成長を示すと思われます。ラフテレーンクレーンは、ラバータイヤトラックやトラックホークレーンの動きを制限する路面や障害物の周りを操縦することができます。

用途別に、移動式クレーン市場は、建設-鉱山、製造業、公共事業、輸送/出荷、および石油-ガス/エネルギーに分類されます。公共事業セグメントは、その保守や建設に広く利用されていることから、2030年まで堅調に拡大すると予測されています。さらに、地域内の送電網や海底接続を強化するための投資が急増していることから、同事業におけるモバイルクレーンの需要が高まり、2022年~2030年の間見通しが向上するものと思われます。

地域別に、中東・アフリカ市場は、2021年に10億米ドルと評価され、業界全体の成長に貢献するものと思われます。この成長は、同地域の鉱業活動への高い投資によってもたらされています。クレーンは生産性を向上させ、アクセスできないエリアへのアクセスを提供するため、同地域における大規模な需要が目撃されることが予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]