グリーン水素市場:産業用原料用途で、2030年にかけてCAGR70%で成長予測

グリーン水素市場は、2022年から2030年の間に高い成長が見られることが予測されています。発電および輸送部門における、よりクリーンな代替燃料へのシフトが進んでいます。化石燃料への依存を減らし、脱炭素化を達成するために、政府の厳しい規範が課されるようになりました。

現在、クリーンな水素を効率的かつ低コストで製造するための新たな研究開発活動が進行中です。2022年7月、インド科学研究所(IISc)の研究は、バイオマスを使用してグリーン水素を製造する技術を開発しました。この革新的なプロセスでは、1kgのバイオマスを使用して100gmのグリーン水素を生成します。発展途上国全体で水素経済を構築するための新しい製造施設の建設は、クリーンな水素の大規模な展開を可能にし、業界動向に有利に働きます。

グリーン水素市場は、供給源、技術、用途、地域別に分類されます。

技術面別に、市場は、アルカリ性、固体酸化物、PEMに分類されます。固体酸化物技術は、2030年までに9億5000万米ドルを超えると予測されています。低コスト、高効率でクリーンな水素ソリューションの必要性により、電解槽技術の開発と商業化が促進されています。低資本コスト、補助部品の削減、高電流密度、電極腐食のメンテナンス軽減などの特徴が、グリーン水素産業における固体酸化物技術の採用を促進しています。

供給源別に、市場は、太陽光と風力発電に分類されます。太陽光セグメントは、2030年までにCAGR60%を記録すると予想されています。太陽光は大規模な利用が可能であることから、クリーンな水素を製造するための有益なエネルギー源となっています。従来の燃料源を再生可能エネルギーに置き換える取り組みが、太陽光発電の採用を後押しすることになり、さらに、新興国での新しい太陽光発電プロジェクトの開発や、各産業での厳しい脱炭素化目標が、太陽光の採用を後押しすることになります。

用途別に、市場は、発電、産業用原料、輸送に分類されます。産業用原料用途は、2022年から2030年にかけてCAGR70%超で成長する見通しです。グリーンアンモニア生産のための新しいプロジェクトの建設は、クリーンな水素の需要を促進しています。政府の堅調な投資は、冶金、肥料、製鉄、化学品生産などの産業用途におけるグリーン水素の原料としての利用をサポートするものと思われます。

地域別に、アジア太平洋市場は、2030年までにCAGR60%で成長することが予測されています。産業界の二酸化炭素排出量を削減するための政府の新たな取り組みが、環境に優しい代替燃料の採用を後押ししています。同地域の官民セクターは、グリーン水素プロジェクトを開発するための投資を行っています。発電分野における再生可能エネルギーへのシフトと新興国間の戦略的提携は、同地域における産業の展望にプラスの影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]