消化酵素の市場規模:ラクターゼ酵素が2021年に高い収益を記録

消化酵素の市場規模は、腸の健康増進に関する意識の高まりから、2030年まで目覚ましい成長を記録すると予測されています。

消化酵素は、食物の分解を含む腸の健康増進に重要な役割を果たし、体が最適に機能するための栄養素を吸収することを可能にします。酵素が不足すると、胃痙攣、過剰なガス、腹部膨満感など、さまざまな胃腸障害を引き起こす可能性があります。

企業は、消化酵素の消費を促進するために、新製品の発売や共同作業に注力しています。例えば、Specialty Enzymes & Probioticsは、2022年6月に同社のプロバイオティクスおよび酵素製品のオーガニック認証を発表しました。この認証により、DigeSEB™、ProbioSEB CSC3™、Vegpanzyme™、Prohydroxy P™といった同社の最高級ブレンドの検証が可能になりました。著名な消化酵素メーカーによるこのような取り組みは、事業運営を強化し、市場での地位を高めることにもつながります。

消化酵素業界は、製品、供給元、最終用途、地域別に分類されます。

製品別に、ラクターゼセグメントは、2021年に高い収益を記録しました。ラクターゼ酵素は、民族によって乳糖不耐性のレベルが異なるため、世界中でますます消費されるようになっています。

例えば、アジアやアフリカ系米国人の乳糖不耐性率は75%から95%であるのに対し、北欧の乳糖不耐性率は18%から26%と低く、このような要因が、今後、ラクターゼなどの消化酵素の需要を高めると考えられます。

ソース別に、微生物セグメントは、スポーツ栄養の重要性の高まりを理由に、2021の市場のかなりのシェアを占めました。その運動能力を向上させる機能から、スポーツ栄養のトレンドは、消化酵素の採用を促進するものと思われます。これらの酵素は、レースやトレーニング中に消化器系の負担に悩まされることが多い持久系アスリートにとって特に有用であり、製品消費をさらに促進する可能性があります。

最終用途別に、栄養補助食品セグメントは、2022年~2030年の間、顕著な成長率を示すと思われます。これは主に、分子生物学の進歩に伴う微生物の多様性とゲノミクスの発展によるものと考えられています。

さらに、化学物質に関する食品規制の変化も、さまざまな栄養用途における消化酵素の導入にプラスの影響を与えています。

地域別に、ラテンアメリカ市場が、今後高い成長率を記録することが予想されます。肥満による健康問題の深刻化と政府の積極的な取り組みが、同地域の市場規模を押し上げています。

さらに、製品イノベーションへの関心とともに、熟練した動物栄養士の存在の増加が、同地域の市場成長のための機会を創出します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]