排泄ケア市場、失禁問題の増加により2030年まで大幅に成長予測

排泄ケア(コンチネンスケア)市場は、2030年まで大きく成長すると予測されています。業界の成長は、失禁問題の管理技術の進歩と新製品の発売によってもたらされます。失禁とは、排尿や排便のプロセスをコントロールすることができない身体のことです。

メーカーは、慢性疾患や泌尿器科疾患の世界的な有病率の上昇によってもたらされる失禁問題の処理において、患者や介護者を支援するために取り組んでいます。例えば、2020年6月、Essityは研究開発リソースを活用し、機能をアップグレードした新しいTENAインティメットを開発しました。これにより、製品は広く受け入れられるようになり、シェア拡大に弾みがつき、売上高の増加に貢献しました。

排泄ケア市場では、女性の泌尿器系疾患や切迫性尿失禁の増加により、失禁ペッサリー製品が、今後数年間で需要が拡大すると見られています。ペッサリーは、膣の内部構造を支えるために使用される補装具で、膣脱の治療に用いられます。また、ペッサリーの挿入により、骨盤の手術を回避することができます。

切迫性尿失禁は、突然の強い尿意により、不随意に尿が漏れてしまう尿失禁の一種です。成人の切迫性尿失禁の原因となる糖尿病、神経障害、感染症などの健康状態の悪化が、排泄ケアソリューションの需要を高める可能性があります。NCBIの2021年の研究では、尿失禁に悩む男性人口の40%から80%が切迫性尿失禁であると述べています。

疾患別に、精神障害セグメントが今後数年間、排泄ケア産業を牽引すると推定されています。精神疾患による病的な不安は、強迫的な排泄欲求を引き起こし、膀胱の膨満感をもたらし、切迫性尿失禁を引き起こします。統合失調症やうつ病、精神的な問題が蔓延していることが、業界の展望を刺激しています。NCBIの報告によると、2019年に便失禁の患者の約51%が精神状態の悪化に苦しんでいます。

地域別に、ブラジルやアルゼンチンなどの中南米諸国では、確立された医療制度を確保することで、公的医療に高い優先順位を置いています。同地域では、医療サービスを促進するため、入院・外来ともに無償で提供されています。ラテンアメリカの排泄ケア市場は、政府の支援策により、2022年から2030年の間、繁栄すると予測されています。

企業は、製品イノベーションと買収、パートナーシップ、投資などのマーケティング戦略により、市場での地位を強化し収益を増加させようとしています。例えば、Convatec Group Plcは、2022年5月にBlueWind Medical Ltd.への3000万米ドルの投資を発表しました。この動きにより、Convatec Group Plcは過活動膀胱(OAB)患者向けの革新的な技術の開発に積極的に参加することができるようになります。

並行して、Kimberly Clarkは2019年5月、女性用尿失禁のブランド「ポイズ」で「超薄型アクティブコレクション」を発表しました。同社は、女性用失禁製品のポートフォリオを拡大することで、顧客層と収益の双方を獲得することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]