ブチルヒドロキシトルエン市場:食品包装部門、2030年までに1000万米ドル到達予測

ブチルヒドロキシトルエン(BHT)市場は、様々な産業における製品用途の拡大により、2030年まで著しく拡大することが予測されています。また、消費者の自動車購買意欲の高まりや食品添加物の需要拡大も、今後の市場成長を後押しするものと思われます。

COVID-19パンデミックは、厳しい封鎖や移動制限の中で人々が加工食品をストックした結果、市場の成長に好影響を与えました。さらに、アジア太平洋地域における新興産業および自動車部門の需要が、業界の成長を促進しています。2021年、中国における乗用車の生産台数は2141万台に達しました。

市場の主要参加者は、製品ポートフォリオを強化し、顧客基盤を拡大するために、戦略的買収およびパートナーシップに注力し、厳格な研究開発活動に従事しており、業界全体の拡大に拍車をかけています。例えば、2021年9月、化学品製造会社のEastman Chemical Companyは、Matrix Films, LLCとその英国関連会社PremiumShield Limitedの資産と事業、自動車用フィルムパターンラインを買収しました。この買収は、塗装および窓ガラス保護フィルム事業のグローバルなイノベーターおよびサービスパートナーとしての同社のコミットメントを高めることを目的としています。

ブチルヒドロキシトルエン市場は、用途と地域別に分類されています。

用途別に、市場は、動物飼料、食品、潤滑油・特殊油、パーソナルケア・化粧品、ゴム、印刷インキ・塗料、工業用油脂・脂肪酸、食品包装、その他に分類されます。工業用油脂・脂肪酸分野は、石鹸やパーソナルケア製品などの工業用油脂の需要から、2022年~2030年の間CAGR5.5%で成長することが予想されます。消費者の可処分所得の増加は、製品の消費を促進し、同セグメントの成長を増大させることが予想されます。

一方、食品包装部門は、2030年までに1,000万米ドルの売上高に達すると予測されています。ポリプロピレンやポリエチレンなど、包装、容器、ボトルなどのさまざまなプラスチック製品の需要が高まっていることが、この分野におけるBHTの需要を促進することが予想されます。一方、その他の用途では、化学添加物としてBHTが広く利用されていることから、2030年までに1500万米ドルの評価を記録するものと思われます。

地域別に、アジア太平洋市場は、2021年に8500万米ドルを記録し、2030年までCAGR6.5%で成長することが推測されます。同地域の動物飼料用途の市場は、中国、インド、日本における水産物と肉の消費量の増加によって力強い成長を見せると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]