中東・アフリカ地域の塞栓保護デバイス市場、2021年に6360万米ドル記録

塞栓保護デバイス市場は、高齢化社会の到来により、2030年まで大きな収益を上げることが予想されています。さらに、深刻な疾病を引き起こす不健康なライフスタイル、低侵襲手術の需要の増加も、業界の成長を促進する可能性があります。

COVID-19パンデミック時には、PCI手術の症例が減少し、サプライチェーンに混乱が生じたため、同市場はマイナスの影響を受けました。その後のシナリオでは、生活水準の向上を背景に製品の普及が急増しました。

さらに、主要な市場参加者は、業務の改善と事業基盤の強化のために、製品範囲の拡大と生産能力の増強に注力しています。また、一般的な顧客ニーズに対応するため、メーカーは革新的で費用対効果の高い製品を開発しており、市場全体の拡大に有利に働いています。

塞栓保護デバイス市場は、製品、用途、材料、最終用途、地域別に分類されています。

製品別に、市場は、近位閉塞システム、遠位閉塞システム、遠位フィルターに分類されます。遠位フィルターは、大きなゴミを捕捉し、血液の流れを維持するなど、他のフィルターと比較して有益な機能を備えているため、2030年まで大きく成長することが予想されます。塞栓フィルターの利用が拡大していることも、同分野の成長を促進する要因となっています。

用途別に、市場は、神経血管疾患、心血管疾患、末梢疾患に分類されます。神経血管疾患セグメントは、2021年に高い市場シェアを占め、急速な発展を示すことが予測されます。同セグメントの成長は、老年人口基盤の拡大や神経疾患の治療に対する需要の急増に起因しています。

最終用途別に、市場は、外来手術センター、病院、その他に分類されます。病院分野は、技術的に高度な医療機器や熟練した医療従事者が容易に利用できることから、今後数年間でかなりの利益を上げると考えられています。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、同地域における伏在静脈グラフト(SVG)インターベンションや頸動脈ステント留置術などの低侵襲的処置における装置が雪だるま式に採用されるため、2022年~2030年の間CAGR8.4%で成長すると推測されます。

一方、中東・アフリカ市場は、2021年に6360万米ドルを記録し、2030年にかけて力強い進展を示すことが予測されます。不健康で座りがちなライフスタイルの急増が、同市場の成長を刺激しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]