北米の住宅用ボイラー市場、持続可能性への関心の高まりにより、2030年まで大幅に成長予想

北米の住宅用ボイラー市場は、消費者の持続可能性への関心の高まりにより、2030年まで大きく成長すると予想されています。また、都市部での移住者の増加や、一戸建て住宅の増加も、この地域のビジネス環境に影響を与えると思われます。

COVID-19の大流行時、業界は需要にマイナスの影響を目撃しました。多くの企業が厳しい閉鎖措置による損失に直面し、その結果、事業を停止しました。しかし、最近では、持続可能なインフラの構築に焦点を当てた様々な政府の取り組みが、北米の住宅用ボイラー市場の見通しを明るくしています。例えば、カナダ政府は2021年にグリーンホームズ構想を導入し、住宅用空間および給湯システムなどの設置は、ライセンスを持つ専門家によってのみ実施されるよう義務付けています。

さらに、大手企業は、製品の効率を高めるために戦略的買収や厳格な研究開発活動に従事し、市場での存在感を加速させ、全体的な競争シナリオを助長しています。例えば、2022年5月、暖房および冷蔵システムのメーカーであるViessmann Groupは、Vitocrossal 200、CI2ファミリーに超小型のガス燃焼ボイラーを導入しました。この斬新な追加製品は、多目的セントラルヒーティングシステムで、注文住宅向けに高効率のソリューションを提供しています。

北米の住宅用ボイラー市場は、燃料、容量、技術、国別に分類されています。

燃料別に、市場は、天然ガスと石油に分類されます。石油セグメントは、2022年~2030年の間、代替燃料の不足から指数関数的な成長率で成長すると考えられます。さらに、ランニングコストの低さも普及を促進する要因のひとつとなっています。

技術別に、市場は、凝縮型と非凝縮型に分類されています。低所得者層が安価な技術統合型ボイラーに強く傾倒していることから、2021年は非凝縮型セグメントが顕著な収益シェアを占めました。さらに、このボイラーの使いやすさは、今後数年の間、注目を集めると思われます。

容量別に、25kBTU以下、25kBTU以上〜50kBTU以下、50kBTU以上に分類されます。市場は、2030年までの間、25k BTU以下の容量セグメントが高い利益を獲得すると推測されます。このボイラーは寿命が長い点で注目を集めており、同セグメントの成長を促進する可能性があります。

国別に、カナダ市場が2030年まで大幅な成長を見せると思われます。夫婦共働きの家庭が増える傾向にあり、エネルギー効率の高いボイラーの採用が進むことで、事業の拡大が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]