断熱材市場:エネルギー不足と燃料コストの上昇により、2030年にかけて成長傾向

断熱材市場は、エネルギー不足の深刻化とそれに伴う世界的な燃料コストの上昇により、2022年から2030年にかけて著しい成長傾向を示すと予想されます。また、気候変動の進行により、二酸化炭素排出量を削減するために必要な措置を取ることが奨励されており、エネルギー効率の高い断熱ソリューションの利用が促進されています。

エネルギー・気候情報ユニット(ECIU)の調査によると、英国の断熱性能の低い家庭は、冬の暖房費に他の家庭より990米ドル多く支払わなければならない可能性があることが明らかになりました。デュアルフューエルの価格上限は3919米ドルに達し、多くの世帯が燃料貧困に陥ることが予測されています。建設部門全体における新たな製品要件が、今後の断熱材業界の需要を促進する可能性があります。

製品別に、市場は、ガラス繊維/グラスウール、発泡プラスチック、ミネラルウール、その他に分類されます。その他のセグメントは、CAGR4%で成長し、2030年に30億米ドルの評価額を超えると予想されています。その他カテゴリは、ポリウレタンやポリイソシアヌレート材料など、さまざまなプラスチックフォーム断熱材で構成されています。

ポリウレタンフォームは、建物や構造物において非常に効率的で近代的な断熱技術として登場しました。スプレーで塗布すると、わずかな隙間にも入り込み、永久的に損傷しにくい断熱材を提供し、快適性を高め、暖房費を最小限に抑えることができます。優れた断熱性を持つ費用対効果の高い素材に対する需要の高まりが、この分野の成長を後押しする可能性があります。

用途別に、市場は、非住宅建築から大きな推進力を得る可能性があります。同セグメントは2021年に60億米ドルを占め、2030年には市場全体の12%を占めると予測されています。エネルギーや燃料コストの上昇、環境への関心の高まりにより、先進国全体でエネルギー効率の高い商業空間の建設に向けた投資が増加していることが、同セグメントの拡大を後押しする要因となります。また、安定した温度を確保する優れた断熱・防音材に対する需要の高まりが、非住宅空間における製品需要を促進する可能性があります。

地域別に、ラテンアメリカ市場が今後数年間で重要な収益源として浮上する可能性があります。ラテンアメリカの断熱材市場は、2022年~2030年の間CAGR6%で成長し、2030年には20億米ドルの評価額を記録すると予想されています。防音アプリケーションのための自動車部門全体の断熱材の急速な展開は、地域の産業を支援する可能性があります。人間の音や振動に対する耐性が低下し、健康上の懸念が出現したため、公的機関は騒音公害レベルを抑制するための規制枠組みを構築し、商業ビルや住宅における防音材の需要を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]