欧州の空気熱源ヒートポンプ市場:石油ボイラーの代替として堅調に成長

欧州の空気熱源ヒートポンプ市場は、石油ボイラーの代替としてヒートポンプの採用が進んでいることから、2030年まで大きな成長率を示すと予想されます。また、同製品が提供する優れたレベルのエネルギー効率も、市場の拡大を後押しすると思われます。

業界の主要企業は、市場での存在感を高めるために、研究開発への投資を増やしています。海外展開のための主要企業間のパートナーシップやコラボレーションも市場成長に有益であることが証明されており、これらの戦略的パートナーシップは、業界プレーヤーが海外市場でポートフォリオを拡大し、その過程で業界のダイナミクスを改善するのに大いに役立っています。

例えば、2022年5月、スウェーデンの熱技術ソリューション企業であるNIBE Industrier ABは、イタリアのArgoclima S.p.A.の株式を50%以上取得し、5年後に残りの株式を引き継ぐ契約を締結しました。

Argoclima社のArgoブランドで販売するヒートポンプ製品群とNIBE社で販売するヒートポンプ製品群を統合することにより、急速に拡大するイタリアのヒートポンプ市場において、より強固なポジションを確保することが可能となります。

欧州の空気熱源ヒートポンプ市場は、製品、アプリケーション、地域別に分類されています。

製品別に、市場は、空気から空気と、空気から水のセグメントに分類されます。空気から水の製品セグメントは、商業および住宅インフラ全体の温水需要の増加により、2022年~2030年の間増加することが期待されています。

空気から空気の製品セグメントは、2030年までに8%以上の成長率を記録し、大幅な拡大を示すことが予想されます。

アプリケーション別に、市場は、住宅用と商業施設用に分類されます。

商業セグメントは、オフィス、医療、教育機関などさまざまな商業用途におけるエネルギーおよび熱需要の増加、厳しい排出削減基準、建物のエネルギー効率を強化する新しいプログラムにより、堅調な市場成長を見せると思われます。

地域別に、デンマーク市場は、化石燃料への依存を軽減し、クリーンエネルギーシステムの導入を促進する政府の政策により、2030年までの成長が期待されます。

一方、イタリア市場は、政府の積極的なインセンティブプログラムと冷暖房システムに対する国民の需要により、今後数年間で高い成長率を示す可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]