ワイン用ブドウ収穫機の市場シェア、2021年に9億米ドル達成

収穫機産業は、増え続ける食品需要に対応するため、農業機械の技術革新が進み、2030年まで大きな成長を遂げると予測されています。

米国農務省(USDA)によると、インド、タイ、中国は米国への短・中粒種米の主要供給国であり、この貿易は米国の輸入の90%以上を占めていることから、アジア太平洋地域の農業部門における収穫機の潜在需要が高いことがわかります。農機メーカーや部品メーカーは、ユーザーに新製品や改良品を提供するために継続的な努力を行っています。

例えば、2021年8月、Cumminsは、Claasの新しいコンバイン「トリオン」ファミリーに、Cumminsの6.7リッターと9リッターのエンジンを搭載することを発表しました。このエンジンは255~430馬力で、高い燃費性能を有しており、丘陵地や平坦な土地で小麦、ブドウ、トウモロコシ、稲作を行う際に、効率的な作業を可能にします。

インテリジェント収穫機は、ロボット工学の採用が顕著に急増したため、欧州の国々で人気が高まっています。欧州では、広範な研究開発に取り組む主要な機器メーカーの存在により、インテリジェント収穫機の利用可能性が高まっています。ファーストフード部門の一貫した拡大、近代農業への投資の急増、高い労働コストは、北米、欧州市場における収穫機の販売を促進する要因となっています。

収穫機市場は、タイプ、販売チャネル、地域別に分類されます。

ワイン用ブドウ収穫機の市場シェアは、2021年に9億米ドルを超え、年間2500台以上の出荷が記録されました。可処分所得の増加、ワイン消費の増加など、より良いライフスタイルの選択が可能となり、機器の利用が増えています。EU委員会が2020年11月に発表した報告書によると、欧州の3大ワイン生産国は、イタリアが約47.6%hl(ヘクトリットル)、フランスが43.4% hl、スペインが38.1% hl Lで3位につけています。

2022年から2030年にかけて、トレイルフォレージ収穫機の業界シェアはCAGR8%以上を記録すると思われます。費用対効果の高い農業機器の必要性は、製品の採用を促進しています。これらの機械には、収穫効率を高めるために作物クロスコンベアが装備されています。この装置は、2段階の収穫プロセスを提供しながら、簡単な操作性、回転式攪拌機から追加の土壌ふるい分けも可能にします。

ラテンアメリカの収穫機の市場シェアは、2030年までにCAGR7%を示すと思われます。農業は、この地域の人々の主要な生計手段であると同時に、経済発展に大きく寄与しています。ブラジルやメキシコなどラテンアメリア諸国は、GDPの伸びを農業に大きく依存しています。そのため、政府は、農家が種子や機械設備に必要な資金を確保できるよう補助金を導入し、収穫機の生産量を増やしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]