圧迫療法市場:圧迫ポンプセグメントが2030年に6億5800万米ドル達成予想

圧迫療法市場は、不健康なライフスタイルやその他要因に起因する静脈疾患の症例が増加していることから、2030年まで大幅な成長を記録すると考えられています。

業界の主要企業は、技術革新、地理的拡大、製品投入に従事し、事業の存在感を高めることで、圧迫療法市場の全体的なダイナミクスを向上させてきました。例えば、2022年8月、クライオセラピーウェルネスセンターであるCryo Club Houstonは、ミズーリ市に新しい支店を開設しました。

同様に、2022年7月には、健康&ウェルネスのエキスパートであるVIDA Fitness Brandsが、Reston Row Plazaに新しいフィットネス施設をオープンする計画を発表しました。この新施設は、レストンの住民とJWマリオットに宿泊するゲストに、ウェルネス、健康、美容を組み合わせたサービスを提供することを目的としています。これは、同社が非居住者にサービスを提供する最初の店舗となり、圧縮療法を行う酸素治療&回復センターが含まれる予定です。

他にも、2022年8月、医療技術の大手専門企業であるMerit Medical Systemsが、セーフガード・プラットフォームにセーフガード・フォーカス・クール・コンプレッション・デバイスを追加しました。この新しい圧迫装置は、ICDポケットやペースメーカーを装着した患者の止血に役立つオリジナルのセーフガード・フォーカスをベースにしています。新しく発売されたセーフガード・フォーカス・クールは、同じ性能を冷蔵なしで作動し、ラボ環境に最適で、簡単に準備できるコリング溶液を備えています。

圧迫療法市場は、技術、製品、用途、地域別に分類されます。

製品別に、市場は、圧迫装具、圧迫ポンプ、圧迫テープ、圧迫衣服に分類されます。圧迫ポンプセグメントは、外来患者の通院や入院を減らすのに役立つため、今後、大幅な成長を記録し、2030年までに6億5800万米ドルの評価額に達すると予想されています。この製品は、患部の血液循環を増加させることで、痛みを伴う症状の治療に役立ちます。

用途別に、市場は、静脈瘤治療、リンパ浮腫治療、下腿潰瘍治療、深部静脈血栓症治療などに分類されます。リンパ浮腫治療は、その症例が世界的に増加しているため、2022年~2030年の間、大きく成長することが見込まれています。

地域別に、欧州市場が、高齢者人口の増加、静脈疾患の発生率の増加、地域の医療インフラの発達から、2030年まで大幅な成長を記録すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]