潤滑油包装におけるトランスミッション・油圧作動油市場、2030年にシェア15%獲得予測

潤滑油包装市場は、世界各地で盛んな産業活動から、2030年まで大きな成長を遂げることが予想されます。また、発電需要の高まりも、今後の市場需要を増大させるものと思われます。

さらに、市場の主要プレイヤーは、ビジネスプレゼンスを強化するために、製品の発売、研究開発活動、買収に戦略的に投資しており、それによって業界の見通しが促進されています。例えば、2021年10月、ドイツに拠点を置く輸送用包装材メーカーのSchutzは、アイルランドに拠点を置く化学、潤滑油などの産業用包装材メーカーのGEM Plastics Limitedの買収計画を発表しました。Schutzはこの買収で、現地の顧客に対して産業用包装分野での幅広い製品提供を目的としていました。

他にも、2022年7月、特殊ポリマーの専門家であるKratonは、持続可能性の統合を促進するアプローチと進捗状況を強調した報告書を発表しました。Kraton’s polymersは接着剤、コーティング剤、シーラント、潤滑剤、自動車、屋根材などの用途で使用されています。

潤滑油パッケージング市場は、パッケージングタイプ、エンドユーザー、材料、潤滑油、地域別に分類されています。

包装タイプ別に、市場は、缶・ボトル、ペール缶、ケグ・ドラム、中間バルク容器(IBC)、その他(スタンドアップパウチ、バッグインボックス、チューブなど)に分類されています。このうち、中間バルク容器(IBC)セグメントは、2030年までに大幅な利益を記録し、2022年~2030年の間CAGR3%の成長を遂げると予想されています。

エンドユーザー別に、市場は、金属加工、発電、自動車、石油・ガス、化学工業、その他(航空宇宙、海洋、建設など)に分類されています。発電セグメントは、2022年~2030年の間CAGR4%で大きな発展を遂げると推定されます。

潤滑油別に、市場は、トランスミッション・油圧作動油、金属加工油、エンジン油、プロセス油、一般産業油、その他(添加剤、グリース、トランスフォーマー油など)に分類されます。トランスミッション・油圧作動油セグメントは、2030年までに15%の収益シェアを獲得すると予測されます。一方、金属加工油セグメントは、2030年までにCAGR3.5%で堅調に推移すると予測されます。

地域別に、北米市場は、2030年までに200万米ドルの収益を上げると予測されています。一方、中東・アフリカ市場は安定したペースで成長し、2030年には45万2000米ドルの評価額を記録すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]