液体ハンドソープ市場、レストラン用途は2028年に7.5%の市場シェア獲得予測

液体ハンドソープ市場は、消費者の間で衛生面への関心が高まっていることから、2028年まで大きな成長を遂げると予想されています。また、感染症の急増に伴う効果的な手指洗浄ソリューションのニーズの高まりが、今後の市場成長をさらに押し上げると思われます。

コロナウイルスの流行後、COVID-19の蔓延を防ぐための安全対策を実施した結果、液体ハンドソープの使用量が世界的に急増し、製品の採用にプラスの影響を及ぼしました。2021年4月、複数の大学の心理学教室が実施したパンデミック時の手洗い習慣に関する調査では、感染の抑制を重視した手洗い習慣が増加したと結果が出ています。

さらに、液体ハンドソープ市場の主要企業は、ビジネスプレゼンスを確立させるために、製品の発売、研究開発活動、買収に戦略的に投資しており、業界の成長が促進されています。例えば、2021年9月、Procter & Gambleの子会社であるSafeguardと大手医薬品ストアチェーンのWalgreensは、ヘルスケア分野で活動する非営利団体Americaresと協力し、「希望はあなたの手の中に」プログラムを立ち上げました。このプログラムは、困っている家庭に約1,000万個の手洗いを提供することを目的としたものでした。

2022年2月、パーソナルケアの巨人Henkel社は、廃棄物の少ない未来と持続可能なパーソナルケアに向けた一歩として、新しいダイヤル泡ハンド濃縮詰替用シリーズを発売しました。この詰め替えパッケージは、従来のダイヤル泡ハンドソープボトルよりも95%少ないプラスチックで構成されています。

液体ハンドソープの世界市場は、流通チャネル、用途、包装タイプ、性質、地域別に分類されています。

流通チャネル別に、市場は、コンビニエンスストア、オンラインストア、ドラッグストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、その他に分類されています。その他の流通チャネルは、2022-2028年の間CAGR6.5%で成長すると思われます。

用途別に、市場は、商業用と家庭用に分類されます。商業用セグメントは、さらにレストラン、オフィス、モール、病院、その他に分類されます。病院セグメントは、2028年までに約7億6500万米ドルの評価額に達すると予想されています。

レストランセグメントは、2028年までに7.5%の市場シェアを獲得すると予測されます。2021年のオフィスセグメントは1億5,000万米ドルの売上高を突破しました。その他セグメントは、2028年までに5,000万米ドルを達成すると予測されています。

地域別では、中東・アフリカ市場が2021年に2億3500万米ドルを超える収益を記録し、大幅な拡大を見せました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]