電解槽市場:産業エネルギー用途、2021年に売上高3,500万米ドル突破

電解槽市場は、持続可能な電力ソリューションの急速な発展により、2030年までに着実に成長すると予測されます。また、電力需要の増加とともに、環境安全保障に対する消費者の関心が高まっていることも、今後の市場成長を後押しするものと思われます。

COVID-19の発生時には、労働力不足による厳しい封鎖や事業運営の混乱により、業界はマイナスの影響を受けました。しかし、コロナウイルス感染者の減少と、産業分野における複数のプロジェクトに対する政府の投資や技術革新が相まって、市場の回復を後押ししています。例えば、電解槽メーカーのHysataは、2022年3月、他の市販電解槽と比較して95%の効率で、設置と運用が容易な最先端の毛細管式電解槽セルを発表しています。

さらに、業界の主要企業は、電解槽市場における確固たる地位を維持するために、製品ポートフォリオを拡大するための研究開発に注力しています。例えば、2022年3月、工業化学企業のAir Products社は、グリーン水素のエキスパートであるthyssenkrupp nuceraの電解槽を使ってグリーン液体水素を日量10トン製造する施設を建設する計画を発表しました。

他にも、2022年1月、多国籍化学企業のLinde plcが、ノルウェーの化学企業Yaraと、2021年にドイツの化学企業Leuna化学複合体向けに建設したものに次ぐ、24MWのグリーン水素プラントを建設し納入する契約を締結しました。このプラントは、プロトン交換膜(PEM)技術に基づくもので、最大8万トンのグリーン肥料を作ることを予定しています。

電解槽市場は、用途、製品、容量、地域別に分類されています。

製品別に、市場は、固体酸化物電解槽、アルカリ性電解槽、PEM電解槽、その他に分類されています。その他セグメントは、2022-2030年の間CAGR51%で進展すると推定されます。

用途別に、市場は、ビル暖房&電力、発電、産業フィードバック、輸送、産業エネルギー、その他に分類されます。産業エネルギーセグメントは、2021年に売上高3,500万米ドルを突破しました。

ビル暖房&電力セグメントは、持続可能な発電源の採用が進んでいることから、2022年から2030年にかけて著しい成長を示すと予想されます。一方、その他の用途分野は、2022-2030年の間CAGR 97%以上で成長すると予測されています。

地域別に、その他の地域の電解槽市場が大きな成長を見せ、2030年末には60億米ドルの評価額に達すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]