コンパートメント症候群モニタリングデバイス市場:使い捨て製品が2021年シェア4400万米ドル占める

コンパートメント症候群モニタリングデバイス市場は、コンパートメント症候群と腹腔内高血圧症(IAH)の高い有病率から、2030年までに大規模な成長を遂げると予測されます。また、モニタリングデバイスの分野における急速な研究開発も、今後の市場成長を後押しするものと思われます。

COVID-19の発生初期には、コロナウイルスに感染した患者の外傷症例が増加したため、業界は著しい成長を示しました。病院ではコンパートメント症候群の増加とともに、製品需要が促進されました。

また、主要な業界プレーヤーは、競合間での自分の存在を高めるために、製品の開発や戦略的パートナーシップおよび合併に焦点を当ててきました。例えば、2021年10月、医療機器会社であるMY01, Inc.は、コンパートメント症候群を効果的に治療または管理するためBluetooth機能を可能にするMY01連続コンパートメント圧力モニターに関して、FDAによるブレークスルーデバイス指定を受けています。

他にも、2022年3月、同じく業界トップのC2Dxは、医療機器専門企業のHemostatix Medical Technologies LLCの買収を発表しました。この買収は、ニッチな医療製品の提供を強化するC2Dxの計画を補完するものとなりました。

コンパートメント症候群監視装置市場は、最終用途、製品、症候群タイプ、地域別に分類されています。

製品別に、市場は、機器と使い捨て製品に分類されます。使い捨て製品セグメントは、2021年に4400万米ドルの評価額で大きな市場シェアを占め、2022年から2030年にかけて高い成長を示すと考えられています。また、機器セグメントにおける進歩は、今後の同セグメントの採用を促進することが予想されます。

症候群タイプ別に、市場は、腹部コンパートメント症候群、慢性コンパートメント症候群、急性コンパートメント症候群に分類されます。2021年、腹部コンパートメント症候群セグメントの市場シェアは6000万米ドルに達し、IAHと腹部コンパートメント症候群の有病率の高まりにより、今後も高い成長率で増加することが予測されています。

最終用途別に、市場は、診療所、病院、その他に分類されます。病院セグメントは、2030年末までに約1億6100万米ドルの売上に達すると予測されています。病院の救急治療室や集中治療室で治療を受ける高リスクの患者の間でコンパートメント症候群の発生が増加していることが、このセグメントの成長を加速させると予想されます。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、2021年に1000万米ドルの評価額を記録し、今後も顕著な成長を示すと推定されます。コンパートメント症候群、IAHの発生急増、地域全体での製品採用の増加は、今後数年間、ラテンアメリカ市場の取り込みを強化することが推測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]