ポイントオブケア(POC)検査市場:血液検査は2021年に38億9170万米ドル到達

ポイントオブケア(POC)検査市場は、急性疾患患者の増加により、2030年まで大きな成長を遂げると予想されています。

新型コロナウイルスへの曝露リスクから、近年、病院での検査は減少しています。一方、ポイントオブケア検査は場所に関して柔軟性があるため、製品需要が高まっています。さらに、POC検査の重要な利点である迅速な検査には、COVID-19の大流行によりプラスの影響が及びました。

業界プレーヤーによる研究が急増していることは、製品ランドスケープに有益となり、市場全体のダイナミクスを高めています。例えば、2022年6月、英国の診断会社であるLumiraDxは、自社製品であるAmira AnalyzerのCEマークを取得したことを報告しました。このポータブル機器は、COVID-19の迅速検査に使用されています。

ポイントオブケア検査市場は、技術、アプリケーション、製品、処方、エンドユーザー、地域別に分類されています。

製品別に、市場は、循環代謝検査製品、凝固検査製品、腫瘍/癌マーカー検査製品、DoA検査製品、コレステロール検査製品、グルコースモニタリング、感染症検査製品、妊娠・不妊検査製品、尿検査製品、血液検査製品、便潜血検査製品、その他に分類されます。このうち、血液学検査製品は、2021年に約38億9170万米ドルとなり、2030年にかけて顕著な利益を獲得することが予測されます。

技術別に、市場は、ディップスティック、分子診断、凝集アッセイ、固相、バイオセンサー、フロースルー、イムノアッセイ、マイクロフルイディクス、ラテラルフローアッセイに分類されています。分子診断学セグメントは、2022年から2030年にかけてCAGR8.0%を記録すると予想されています。

処方別に、市場は、処方箋ベースの検査とOTC検査に分類されています。処方箋ベースの検査セグメントは、2021年に46.1%の市場シェアに達し、今後も堅実な成長を示すと推定されます。

アプリケーション別に、市場は、感染症検査、Drug-of-Abuse(DoA)検査、妊娠検査、心臓代謝検査、腎臓検査、血糖検査、がんバイオマーカー検査、その他に分類されます。感染症検査セグメントは、2022年から2030年にかけてCAGR8.1%で増加し、安定した成長を示すことになると思われます。

エンドユーザー別に、市場は、診断センター、在宅医療現場、病院、研究所、その他に分類されます。研究所セグメントは、2021年に収益が41億1180万米ドルに達しました。

地域別に、ラテンアメリカ市場が2021年の全体収益の5.8%を占めました。一方、中東・アフリカ市場は、2022年から2030年にかけてCAGR8.6%で成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]