床暖房の市場規模、2021年に60億米ドルを突破、2030年にかけてCAGR5%の成長見込み

床暖房の市場規模は2021年に60億米ドルを突破し、2022年から2030年にかけてCAGR5%を超える成長が見込まれています。

クリーンエネルギー技術への傾倒とともに、空間加熱システムにおける継続的な技術進歩が床暖房産業の成長を刺激しています。オフィス、小売店、施設など、住宅や小規模な商業空間の継続的な改修が、床暖房ユニットを含む持続可能な技術の需要を生み出しています。さらに、人口の都市部への移動、不動産事業の急成長により、世界中で床暖房技術の採用が進むと考えられます。

水熱式床暖房技術は、主にローマ人によって居住空間を暖めるために利用されました。第二次世界大戦後、床暖房事業は製品設計と全体的な技術で迅速な進歩を観察しました。都市部での効率的な暖房ソリューションに対する要求の高まりと、環境に配慮した建築プロジェクトの増加により、需要は高まっています。さらに、発展途上国における工業化に伴う住宅・商業セクターの発展は、市場ダイナミクスをさらに展開させます。

床暖房システムは、世界中の地域の厳しい気候条件により、今後数年間で大きな需要が見込まれます。寒冷な気候下で効率的な暖房を提供するために政府と民間企業が提携を進めていることが、製品の普及をさらに後押ししています。さらに、設置コストの大幅な削減とヒーティングマット技術の採用が、住宅や商業施設の床暖房市場の需要を拡大させました。

クリーンな暖房技術への政府の取り組み

従来の暖房システムから排出される二酸化炭素の急増に対処するため、持続可能な技術を導入して既存の商業施設や住宅を改修する政策立案が活発化しており、床暖房市場の収益が増加しています。住宅部門でクリーンなHVACシステムを促進するためのスマートシティプロジェクトやグリーンビルディングなどのイニシアチブは、同市場の採用を促進しています。ラジエーターや他の暖房システムとは異なり、これらのユニットは、部屋のすべてのコーナーで周囲温度を上げ、部屋全体に均一の熱を提供します。また、床暖房マットの需要を高める技術として、メンテナンスが不要、電気代が安い、設置が簡単などの特徴があります。

初期費用と設置時間の削減が一家に一台の普及を後押し

設置にかかる時間とコストを大幅に削減できることは、小規模な住宅に受け入れられるための重要な要素です。発展途上国では人口が増加しており、不動産業界への投資も増えているため、小規模世帯の数が大幅に増加することが予想されます。さらに、サーモスタットなどのスマート温度監視・制御機器との統合により、多くの住宅分野において、手頃な価格の技術として好まれるようになりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]