臨床試験管理システム:臨床研究機関用途が2021年に4億770万米ドル到達

臨床試験管理システム(CTMS)市場は、主要地域における臨床試験数の増加により、2030年まで堅調な成長を遂げると予想されています。また、製薬業界の成長とともに、医療制度の強化に向けた注目が高まっていることも、今後の業界の成長をさらに後押しするものと思われます。

注目すべきは、業界プレーヤーがビジネスプレゼンスを向上させるために有益な戦略を採用し、臨床試験管理システム(CTMS)市場の展望を促進していることです。例えば、臨床試験向けサービス型ソフトウェア(SaaS)の大手プロバイダーであるMedidataは2022年6月、臨床試験の管理・監督を強化するため、Medidata DetectとRave CTMSにさらなる技術を導入しています。これらの機能強化は、医薬品開発業務受託機関とスポンサーが臨床試験データを監視・可視化し、迅速な意思決定を可能にする方法で、データ報告と監視の両方を改善するよう設計されています。

さらに、2022年4月、製薬およびライフサイエンス用途のクラウドベースソリューションに特化した企業であるVeeva Systemsは、エンドツーエンドの試験管理を推進するため、製薬界の巨人であるBristol Myers SquibbによるVeeva Vault CTMSのグローバル導入を発表しています。この新しいCTMSは、VeevaのStudy StartupおよびeTMFアプリケーションと統合されています。

臨床試験管理システム市場は、製品、最終用途、コンポーネント、提供形態、地域別に分類されています。

製品別に、市場は、サイトベースと企業ベースに分類されます。サイトベースのセグメントは、2021年に3億3470万米ドルを超え、今後も大きな成長を記録すると予想されます。

最終用途別に、市場は、臨床研究機関、製薬・バイオ製薬会社、その他に分類されています。2021年、臨床研究機関セグメントは4億770万米ドルに達し、2022年から2030年にかけて利益を蓄積することが推測されます。

コンポーネント別に、市場は、サービスとソフトウェアに分類されます。サービス分野は、2022年から2030年の間CAGR11.8%で堅調に成長することが予測されています。

提供形態別に、市場は、クラウド、オンプレミス、ウェブベースに分類されます。このうち、クラウドベースの市場は、2030年までに約7億9,300万米ドルに拡大すると予想されます。

地域別に、中南米市場が2021年の全体収益の8.6%を占め、今後数年間でかなりの進展を記録することが予測されます。一方、中東・アフリカ市場は、2030年までにCAGR11.9%で成長すると推定されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]