米国の調剤薬局市場:鼻腔用薬、2030年までCAGR5.5%で成長予測

米国の調剤薬局市場は、個別化医療の受け入れ拡大により、2030年まで力強い成長を遂げると予想されています。また、米国では医薬品不足が深刻化していることに加え、配合薬の入手が容易なことも、今後の市場拡大に拍車をかけると予想されます。

注目すべきは、業界プレーヤーがビジネスプレゼンスを向上させるために収益性の高い戦略を採用し、市場全体のダイナミクスを高めていることです。例えば、2022年3月、医薬品機器および原料のサプライヤーであるMediscaは、欧州の医薬品原料の流通および製造業者であるSUANFARMAと、医薬品メーカーであるDeebioとの提携を活用したThyroid Powder, USPのグローバル流通および供給について契約を締結しました。

米国の調剤薬局市場は、用途、製品、薬局タイプ、滅菌性、調剤タイプ、治療領域別に分類されています。用途別に、市場は、成人用、動物用、老人用、小児用に分類されます。動物病院での配合薬の採用率が上昇していることから、動物用サブセグメントは2022年から2030年の間CAGR5.1%で成長すると予測されます。

製品別に、市場は、外用薬、非経口薬、鼻薬、耳薬、眼薬、直腸薬、口腔薬に分類されています。鼻腔用サブセグメントは、容易に治療できる耳鼻咽喉科疾患の増加により、2022年から2030年の間CAGR5.5%で成長すると予測されます。また、点鼻薬の使い勝手の良さも、同分野の成長を後押しするものと思われます。

薬局タイプ別に、市場は、503Aと503Bに分類される。503Bは、米国における医薬品不足の急増と、不足する医薬品を製造するためのアウトソーシング施設の選好が高まっていることから、2021年の市場シェアは56.5%超となりました。

滅菌性別に、市場は、滅菌と非滅菌に分類されます。2021年、非滅菌のサブセグメントは、入手が容易、自己投与、投与経路の個別化などの利点により、37億米ドルと評価されています。

調剤タイプ別に、市場は、入手不可能な医薬品製造(CUPM)、医薬品成分変更(PIA)、現在の医薬品投与量変更(PDA)、およびその他に分類されます。入手不可能な医薬品製造(CUPM)サブセグメントは、2021年に22.8%の市場シェアを占めました。

治療領域別に、市場は、栄養補助食品、皮膚科、ホルモン補充、疼痛管理、専門薬、その他に分類されています。2021年には、専門薬のサブセグメントが9.6%の市場シェアを占めました。調剤薬局による専門薬処方の容易さと、疾患の予測・診断・治療のための個別化医療への関心の高まりが市場を支えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]