エキスパンドメタルフォイル市場:風力タービンブレード落雷保護用の需要が2030年までの成長を押し上げる

風力タービンブレード落雷保護用エキスパンドメタルフォイル市場は、風力タービンブレードの落雷からの保護に対する製品需要により、2030年まで安定した成長を示すと予想されます。また、エキスパンドメタルフォイル分野の急速な研究開発が、今後の市場成長をさらに押し上げると思われます。

風力タービンのブレードは、主にガラス繊維強化ポリエステルやエポキシ樹脂で作られており、ライフサイクルの終わりには通常埋め立て地に山積みされます。環境への関心が高まる中、エキスパンドメタルフォイルの発明が相次ぎ、ブレードの寿命を延ばすとともに、ブレードの作業能力やリサイクル性を向上させました。

COVID-19の流行期には、世界的なロックダウンによるサプライチェーンの混乱から、製品の普及率が低下しました。しかし、主要地域における電力需要の増加により、操業停止の緩和が関連企業に新たな機会をもたらし、事業の成長を推進しました。

さらに、同市場の主要参加者は、業界での安定した地位を維持するために、厳格な製品の進歩と戦略的イニシアチブに焦点を当てています。例えば、2021年4月、金属スタンピングの専門家であるEngineered Specialities Inc.(ESI)は、新しい金属成形&製造部門であるCThru Metalsを立ち上げました。この部門は、エキスパンドメタルメッシュフォイルや高品質な金属などの生産に重点を置いています。

他にも、2021年8月、国立再生可能エネルギー研究所の科学者が、エネルギー企業であるGeneral ElectricとLM Wind Powerの2社と共同で、落雷から生じる電流の80%を元に戻す熱溶接技術を開発し、風力タービンのブレードを保護することに成功しました。

風力タービンブレードの雷保護用エキスパンドメタルフォイル市場は、種類と地域に基づいて分類されます。

タイプ別に、市場は、垂直軸と水平軸に分けられます。2021年の市場シェアは、水平軸型がおよそ89.4%を占めました。現在、水平軸型風力発電機は最も効率が高く、受けた風力の40~50%を電力に変換することができます。

一方、垂直軸セグメントは、2030年までCAGR12.9%で成長すると考えられます。垂直軸型タービンは、どのような風向きでも発電することができ、水平軸風力タービンと比べて生産コストが低いため、製品の普及が促進されると考えられます。

地域別に、中南米市場は、2021年に業界全体の収益の4%を占め、2022年から2028年にかけてCAGR12.8%で成長すると予測されます。さらに、中東・アフリカ市場では、持続可能な製品やサービスの使用を促進する政府によるイニシアチブが、同産業の成長を増大させると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]