脳深部刺激デバイス市場:神経疾患の有病率の高まりから、2021年の強迫性障害の市場シェア2.9%獲得

脳深部刺激(DBS)デバイス市場は、神経疾患の増加により、2030年まで大きく成長すると予想されています。また、低侵襲手術の需要の急増は、今後も市場の拡大に拍車をかけると予想されます。

業界プレーヤーは、脳深部刺激デバイスのダイナミクスを強化し、ビジネスのプレゼンスを向上させるために有益な戦略を採用してきました。例えば、2021年6月、DBSプラットフォームソリューションの大手プロバイダーであるBioinduction Ltd.は、パーキンソン病と診断された患者へのDBSデバイスの埋め込みに成功したと発表しています。

Bioinductionは、Picostemと名付けられた世界初の小型化DBSシステムを開発しました。Picostemは、頭蓋骨に直接挿入するため、外観上目立ちません。この小型化により、胸部切開、延長リード、頸部組織のトンネル、バッテリー用ポケットが不要になりました。

最近では、2022年6月に、米国に拠点を置くヘルスケア企業Allegheny Health Networkのチームが、オピオイド中毒の治療法としてのDBS療法の可能性に関する極めて重要なパイロット試験を開始すると発表しました。この研究は、難治性のOUD(オピオイド使用障害)患者3名を対象に行われる予定です。

これに先立ち、2022年1月には、Allegheny Health Networkの医師が、アルツハイマー病の治療におけるDBS療法の有効性を検討する臨床試験に参加しました。試験の初期段階において、この治療法は、認知機能を安定させ、強化することで、軽度アルツハイマー病患者にかなりの恩恵をもたらす可能性があることが示されました。

他にも、2021年6月にマイケル・J・フォックス財団は、パーキンソン病の運動症状の治療法としてDBSを選択する際に、患者が十分な情報を得た上で判断することを支援する新規ガイドを発表しています。

脳深部刺激デバイス市場は、エンドユーザー、用途、地域別に分類されています。

エンドユーザー別に、市場は、外来外科センター、病院、その他に分類されます。2021年は、高度な装置を備え、患者の転帰とケアの質を向上させることから、病院セグメントの売上は9億600万米ドルと評価されました。

用途別に、市場は、てんかん、強迫性障害、ジストニア、パーキンソン病、本態性振戦、疼痛管理、およびその他に分類されています。神経疾患の有病率が高まっていることから、強迫性障害セグメントは2021年に市場シェア2.9%を獲得しました。

地域別に、神経障害を持つ高齢者患者の増加により、ラテンアメリカ市場は2022年から2030年の間CAGR10.7%を記録すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]