セルフチェックアウトシステム市場:スマートフォンの普及でモバイル型が拡大

セルフチェックアウトシステム市場は、各国のキャッシュレス決済の普及に伴い、2030年まで拡大することが予想されます。また、インフラ整備の進展や小売業・観光業の成長も、今後の市場成長を促進するものと思われます。

COVID-19により、商業施設が閉鎖され、ビジネスの成長に脅威を与えました。観光業や小売業では、コロナウイルスの感染率が上昇したため移動が制限されました。その結果、サプライチェーンに混乱が生じ、市場の成長は大きく損なわれました。

一方で、パンデミック対策におけるキャッシュレス取引とインフラ整備へのシフトは、ヘルスケアとホスピタリティを中心とした製品需要を強化し、同市場の成長を支援しています。さらに、主要な業界プレーヤーは、戦略的パートナーシップやコラボレーションとともに、バイオメトリクスやAIなどの最新技術を実装することで、製品のプレゼンスを強化することに注力しています。

例えば、2022年3月、金融・小売テクノロジー企業のDiebold Nixdorf社は、McDonald’s Germany社とのITサービス・パートナーシップ契約の延長を発表しました。この契約により、Diebold Nixdorf社は、ドイツのPOSシステムのセキュリティ規制であるKassenSichV利用のために、東証コネクトボックスなどの決済取引技術とともに、セルフサービス端末の導入を含む委託、設置、保守サービスをドイツのマクドナルドの全店舗で提供することに同意しました。

セルフチェックアウトシステム市場は、モデル、ソリューション、用途、取引、地域別に分類されています。

ソリューション別に、市場は、ハードウェア、ソフトウェア、サービスに分類されています。商品スキャンが簡単になり、支払い方法も自由に選べるようになったことで消費者の関心が高まり、ハードウェアソリューションの成長が加速しています。

取引別に、市場は、キャッシュレス型と現金型に分類されます。キャッシュレス型は、スマートカードやデジタルウォレットの普及により、大きな進展を遂げることが予想されます。

モデル別に、市場は、壁掛け型/カウンタートップ型、スタンドアロン型、モバイル型に分類されます。スマートフォンの普及が進むことで、モバイル型が拡大すると考えられています。

用途別に、市場は、旅行、エンターテインメント、小売、ヘルスケア、ホスピタリティ、その他に分類されます。エンターテインメント部門は、アミューズメントパークや映画館の建設が進むことで発展が見込まれています。

ヘルスケア部門は、デジタル化が進み様々なタッチポイントにシステムが導入されることで、2030年まで力強い成長が続くと予想されています。ホスピタリティ部門では、観光客の増加に伴い、2030年までに大きな利益を上げると予想されています。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、同地域におけるデジタル化の進展により、2030年までに高い牽引力を獲得すると予想されます。一方、中東・アフリカ市場では、高度なデジタル技術を利用した小売業が拡大しており、大きな成長機会を提供すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]